サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

hontoレビュー

五感 混合体の哲学

五感 混合体の哲学 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

比類ない美しさと明晰さをもった、しかしあくまで概念的な整理要約を拒み続けるエッセイの混合体

2001/02/22 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 このような書物を前にして、どう言葉を紡ぎだせばいいのだろう。

 本書は、凝縮されたアフォリズム──たとえば「風景、顔、皮膚ほどに奥深いものは何もない」とか「ことばが人間の肉をこね上げたのだ」など──がいたるところにちりばめられた蠱惑的な、しかし概念的にとらえようとすると(つまり要するに、などとまとめようとすると)整序された意味の領域を軽やかにすり抜けてしまう詩的なエッセイ群からなる書物で、「ヴェール」「ボックス」「テーブル」「探訪」「歓喜」の五つのパーツのタイトルからしてどこかしら謎めいた趣を醸し出している。

 いわゆる「哲学・思想系」の書物で、引用の愉悦をこれほどまでに堪能させてくれる文章を私は(いまのところ)他に知らない。比類ない美しさと明晰さをもった、しかしあくまで概念的な整理要約を拒み続けるエッセイの混合体である『五感』の最終パート「歓喜」から、本書のテーマらしきものを匂わせる二つの断章を抜き書きしておく。
 
◎私の言語は世界の美を称えなくてはならない
《堅固で的確な私の古き麗しき言語は、自らの力を失って科学の利益に供され、情報や興行の巨大企業に自らの魅力と魔術的力を譲り渡し、口述するところが事実となる者たちに自らのことばを譲った。/私の言語に残されたものはもはやぼろ切れしかない。ぼろを纏ったこの幽霊は、模糊とした美的機能を保持している。あるいは美的感覚だろうか。/それゆえ、私の言語は五感について語らなくてはならず、世界の美を称えなくてはならない。》
 
◎第三の記憶の解放によって出現するもの
《ところで、記憶は三度にわたって解放されたことになる。文字の到来のときに、印刷術の発明のときに、今やコンピューターによって。幾何学の発明が最初の記憶の解放に何を負い、実験科学の出現が二番目の解放に何を負い、われわれが第三の記憶の解放に到達した今、何が出現しようとしているのかを、誰か解明しうる者がいるだろうか。》

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/19 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/31 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示