サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

津軽殺人事件(光文社文庫)

津軽殺人事件 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

情緒的でとてもいい作品

2002/02/09 14:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みんみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 司法試験浪人の石井靖子の父親が太宰治が書いた肖像画を買い付けに行き、何物かに毒殺されてしまう。そして、「コスモス、無残…」と書かれたメモが残されていた。友人の村上に頼まれ事件を解決するために名探偵浅見光彦は津軽へと出向く。太宰治の「津軽」や短編などが津軽のあちこちの景色と共に出てくるせいもあり、情緒的でとてもいい作品に仕上がっていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『無惨』な結末

2003/02/04 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亜李子〓Alice - この投稿者のレビュー一覧を見る

 謎かけは、良かったのではないか。少し捻り過ぎて登場人物でないと解らないようなものもあったが、そこそこ良いとしよう。けれどもやはり、名探偵・浅見光彦以外の人物が上手く動かせていない感が否めない。
 被害者の娘・石井靖子の司法試験仲間として、浅見光彦の友人でもある村上正巳が登場する。登場するのは良いのだが、ハナから出てくる割に翳の薄いひとだ。まるで繋ぎの意味しか持たないような人物で、或いは他のキャラクタでその場を埋めることも可能だったのではないかと思わせる。例えば堀越部長刑事。また、彼も警察との繋ぎだが。
 太宰の作品や津軽の風景が、事件解決への旅路に編みこまれているが、いまいち色彩がぱっとしない。色々とアクセサリをつけ過ぎて、どれかひとつ、目立たせたいものが判らなくなってしまっている状態だ。主要な謎を一本筋立てて、それに細かな謎(こちらは解り易くて良いから)を組み合わせていきたい。そのほうが読後感もすっきりとするだろう。間違っても、太宰の作品を読んでほど津軽に行きたい気分にはさせられない。
 なかでも、特に不完全燃焼だったのが村上氏の存在。光彦の友人だというのは解ったが、妙なところで見え隠れしているのが解せない。犯人かと読者に思わせる効果なのか、それとも出番が少ないからちょっと出してみただけなのか……。伏線の効果としてももっと良き使いかたをしてやって欲しかったと思うのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/15 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/05 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示