サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

生きものの世界への疑問(朝日文庫)

生きものの世界への疑問 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

「進化」という考え方に対しての疑問

2009/10/20 21:01

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:analog純 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作者は、モンシロチョウの研究で有名な京都大学の重鎮です。
 しかしこの本は、素人向けのエッセイ集です。

 一番面白かったのは、タイトルにもなっている10回ほどの連載エッセイの部分(文庫本で70ページほど)で、そこで筆者は「進化」という考え方に対して疑問を呈しています。

 素人の僕にはうまくまとめられないのですが、「種」の堅牢性から入って、我々が考えるほどには簡単に生物というものは進化しないと説くわけです。そして、そもそもの「進化」という概念に対しての洗い直しを、筆者は始めていきます。
 最後は、要するに我々は実は何も分かっていないのだとなるのですが、なかなかスリリングな展開で面白かったです。

 こんな本を読むと、アバウトではない、がっしりした思考の力の凄さというものを、確かに感じますね。
 人文科学やそのあたりの本ばかり読んでいたら、どうも「言ったもん勝ち」みたいになってしまって、いけませんね。

 最後に、「へえー」と思ういろんな事が書いてあったので、そんな中からクイズ形式で一問だけ。

 問・コオロギの耳は、どこにある?

 答・前肢のすねにあたるところにあります。そこに縦に細い裂けめがあり、音波はここから奥に入って、中に張られた鼓膜を振動させます。

 しかしえらいところに耳が付いてますねー、足のスネですか。
 かつて僕は、

   冬深み女房の耳甘咬みぬ

というあほな俳句を作ったのですか、人間の耳もそんなところにあったら、えらい格好になりますねー。コオロギやなくてよかったなー。

 えー、最後、下品な話になりまして、えらいすんません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示