サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

そして誰かいなくなった(講談社文庫)

そして誰かいなくなった みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

夏樹静子の力作

2001/08/29 06:13

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みんみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アガサ・クリスティの名作、「そして誰もいなくなった」をモチーフにして書かれている。豪華クルーザー、インディアナ号に招待された5人の乗客と2人のクルー、晩餐の途中、全員をを告発するテープが回された。そして、メンバーが一人ずつ殺されていく。
 ストーリーの中でもクリスティの作品と比較されて書かれており、設定も酷似しているが、最後の大どんでん返しがすごかった。また、船上で生き残った人間同士が互いを疑いあい、誰が犯人か想像がまったくつかないところも恐ろしかった。
 夏樹静子の力作だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/22 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/04 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/10 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/31 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/06 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/25 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/31 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示