サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

サル学の現在

サル学の現在 みんなのレビュー

  • 立花 隆 (著)
  • 税込価格:3,35631pt
  • 出版社:平凡社
  • 発行年月:1991.8
  • 発送可能日:購入できません

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

この本のあつさは武器になる

2001/07/17 03:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆたやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 …ふざけた書評タイトルが立花さんに聞こえたらペンの切っ先で突き殺されそうだ…(笑)と考えながら書評を書き出してしまった。いやはや、でも、本当に厚いんだ。この本。これで殴ったら、そこそこの威力はあるな…(笑)死にはしないかもしれないが。

 さて、これ以上冗談続けると本当に怒られそうなので本題へ。この本はサルについて書いた本である。サル学…猿楽ではなくて、サル、哺乳類のサルについて現在知られていることをひたすらレポートした力作である。

 まあ、…圧倒される。量の凄さと、中身の濃さに圧倒される。そして、霊長類としてのサルをひたすら研究することで、読み手の我々が感じるのは、帰納的な結論が導き出すであろう…人間の姿だ。

 しかし、単にサルの行動学として読んでも面白いだろう。そろそろ一般知識と化してきた感もあるがハヌマンラングールの説明など単に読んでも面白い。説明に気後れも遠慮も無く、充分に武装した文章は明快であり簡明である。

 さて、この本の厚さは武器になるといった。もう一度書こう。この本の<熱さ>はあなたの知性の武器になる。
 読むに値する知識だ。私はこの分厚い版で買いこんだが、どうやら文庫にもなったらしい。文庫は厚さで勝負は出来ないだろうが、大丈夫、あなたの武器はこの本の文章の中にちりばめられた知性にあるのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/03 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/04 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示