サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

孟夏の太陽

孟夏の太陽 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

歴史の流れに沿って読んでみるのも一つの読み方

2002/03/13 16:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マックスジーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 春秋戦国時代に重耳に仕えた趙氏一族の盛衰を描いた佳作。趙氏四代を描いたこの作品は、重耳以降の晋の国の哀愁歌にも思える。趙氏については、さらに「沙中の回廊」「楽毅」につながります、宮城谷文学の読み方として、歴史(時間)の流れに沿って読んでみるのも一つの読み方として、面白いのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はたしてその立場が人を作るのか

2002/03/24 21:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばんばん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 晋の大臣にして、その後、晋を分割して趙の国を立てることになる趙家の人々を、趙盾から順に一話ずつ描いている。
 その人となりはそれぞれ違うが、どの主人公も、忠誠心厚く、周囲の人々にも恵まれ、正義を通す。正義を通すことにより、隆盛に至ったり滅亡に瀕したりすることになるが、その生き様は筋が通っているため、どこからか助けが出てくる。これは、決して運命という軽軽しいものではない。代々の徳の積み重ねか、必死に生きた積み重ねか、趙家の人々が掴み取ったものなのである。人はただ生き延びることは簡単に思えるが、正しく生きることはこのように難しいのかと思ってしまう。先祖とか、子孫とか、少し考えてしまう一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示