サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

hontoレビュー

さる・るるる One more

さる・るるる One more みんなのレビュー

絵本 第2回けんぶち絵本の里大賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

さる・るるるの第2弾

2016/02/13 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

「さる・るるる」から、しばらくして出版された本です。ストーリーの面白さ、韻をふむテンポの良さは、変わらず最高です。シンプルな言葉で、子供が自分で読めるので、良い本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さぁ、もういっちょ!前作を超えるおもしろさ。愉快痛快、そして哀愁…

2003/08/16 10:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『さる るるる』から10年以上経って出版された第2弾です。
決して「二番煎じ」なんかじゃありません。なにしろone moreですからね、「さぁ、もういっちょ!」てな具合に前作を超えたおもしろさ、バツグンです。

 ソファーでくつろいでいた様子のさる。おなかがなって「さる・へる」、そして行動を始めます。前作同様、「さる・○る」のリズムでテンポよくお話は進みます。
うちにもどってお料理開始。「さる・きる」「さる・にる」…
 お料理ってだんだん出来てくるうちに嬉しくなっちゃうんですよね。このさるもとても人間的?なのか、盛り付けに凝ってみたりして。そこまではよかったのに…よけいなことするから起きちゃうアクシデント。
 最後の後姿を見て下さい。哀愁漂っています。そう、「るるる…」は哀愁の音でもあったんですね。ここで深く納得!見事な締まりかた、決まっています。

 あぁおもしろかった、に終わらないところが五味太郎さん、おまけに表紙ともども、しっぽのかたちにご注目。遊びごころも楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み流すことも、哲学もできる絵本

2003/09/22 18:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蒲公英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

さるが主人公の絵本です。
さるの行動を「る」で終わる2文字の動詞と絵で表現されている、ただそれだけの絵本です。

ただそれだけなのに
「ちゃんと物語になってる」
すてきな本です。
その物語はとても奇妙で
ときには、最後の頁で
「クス」
と笑うこともあります。
同じ頁をみて
「ふぅ」
とため息をつくことや
「あ〜あ」
と哀しくなることもあります。

絵本の中のさるは、いつも同じ行動をして
いつも同じ結末を迎えるのですが、
その行動を追う私たちは毎回違った読後感を得られます。

この絵本を読んだあとの感覚で、
自分の現在の心の状態を知ることができるかもしれません。
そんな不思議な1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/27 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/14 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/04 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示