サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

竹の民俗誌 日本文化の深層を探る(岩波新書 新赤版)

竹の民俗誌 日本文化の深層を探る みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

竹の源流・日本の源流

2004/05/23 12:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひと頃、竹山の整備に凝っていたことがある。

私はその日、いつものように古い竹や細い竹、傾いだ竹などを選んで刈っては枝を落とし、それを束ねることに精を出していた。作業中、ふと遠くに目をやると、四人ほどの子どもが山に遊びに来ているのが見えた。「ほ、珍しいな」と思っていると、だんだんこちらへ近づいてくるではないか。私はしばらく気づかぬふりをして作業を続けていたが、どうやら私の方を遠巻きに見て、何か言いたげにもじもじしている様子なので、しかたなくこちらから話しかけることにした。

「こんにちは」と、私が言うと、子供たちは「こんにちは」と小さな声で答え、それでも何やらもじもじしている。

困ったな、と私は内心思いながら、聞かれてもいない竹山の話をその場しのぎに続けていると、途中で、子供たちがこう切り出してきた。

「竹、もらってもいい……ですか?」

なんだ、そんなことかと思い、「ああ、なんぼでもあるから、持ってけ持ってけ」と、ストックしてあった竹の杭を持たせてやると、子供たちはそれをズルズル引きずりながら、茂みの奥へと消えていった。

ワイワイはしゃぐ声とカツーン、カツーンと杭を打つ音がしばらくして遠くから聞こえ、夕方には丘の影の暗がりに小さな建造物ができていたことは、言うまでもない……。


竹には、人をひきつける力があるのではないか、そう思うことがある。色つやが美しく質感が柔らか、しかもどこかしらエキゾチック、それでいて少し懐かしい。そんな竹の、その節の間には、やはりそれ相当の歴史がこもっているようだ。そう、竹取の翁が暗い竹林の中にかぐや姫を見出したように、竹と人間の歴史を通じて、私達もそこに「豊饒な闇」を見出すことになる。


『タケは、当時の人びとの分類概念をハミ出した特異な植物であった。「木でもなければ草でもない」——このようにタケは、はっきりとした境界を持たないどっちつかずのマージナルな存在であった。その本質がつかめず実態が曖昧なものは、〈聖・俗・穢〉がまだ未分化の、万物生成以前の混沌に関わるモノであった。混沌は、秩序が成立する以前の、定かなものがまだ見えぬ時空で、自然に内在する神々が森羅万象を動かしていると考えられていた。その神々の霊力と感応しうるカオス的植物とみられていたから、竹は呪物として用いられたのであろう。』

遠く南洋の海洋民、薩摩隼人、近世以来の被差別民、山間の放浪民……人びとの竹を見る目が違うのは、竹ともっとも縁深い人々の血を、日本人が受け継いでいるからであろうか。それとも、現代の人びとが「闇」を欲しているからであろうか。


竹林は 黙して今も そこに居り

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/01 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 06:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/15 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示