サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

狂雲われを過ぐ(新潮文庫)

狂雲われを過ぐ みんなのレビュー

  • 古川 薫 (著)
  • 税込価格:3783pt
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:1991.9
  • 発送可能日:購入できません

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

幕末という大きな渦の中で

2006/05/07 09:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは歴史に憧れを馳せる人なら一度はやってみたい試みなのではないだろうか。冥界の法廷で、時代を問わず証人が上がり、証言する、そのことによって被告の罪とはいかなるものだったのかということを考えるのは…。
表題作で被告に上がっているのは赤根武人、奇兵隊第三代総督。この赤根に、なぜ贈位がなされなかったか。明治期には政府に刃を向けた者までが贈位を受けているというのに…。証人として、大物としては伊藤博文や山県有朋ら、また逆サイドの近藤勇までが証人として呼び出されるのには驚いた。なかなかに大胆な仕掛けである。しかし、アクロバティックさに頼るのではなく、前田海岸の戦で赤根がどう戦ったのかなどを、証言のみならず奇兵隊日記などからも細かく糾明する力は確かである。そして誰よりも発言することが予測される高杉は…赤根の胸中とは…幕末という大きな渦の中に巻き込まれていった者たちの、そうではない生き方とはどんなものであったかを思わせる終わり方にはじんときた。「ああ、狂雲われを過ぐ」ーまさしくその通り。
表題作以外の「三条河原町の遭遇」は、新撰組沖田総司と長州藩士吉田稔麿が少年時代からいかに時代をかいくぐって生き、それぞれの力をつけ、悲劇の遭遇を遂げるか…までを丁寧に描く。表題作とは違い、アクロバティックさの欠片もないが、逆にじっくり読ませるところがあって、これはこれで良い作品だと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/04 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/12 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/02 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/01 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示