サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

hontoレビュー

落語風俗帳(白水Uブックス)

落語風俗帳 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

説教・法話と落語の関係

2006/05/05 12:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 仏教と落語の浅からぬ関係について詳説した本。落語(講談もであるが)の源流を、仏教の説教に求めるこの著者独特の話芸入門書である。
 大きく分けて三部から成る。
一 落語と仏教
 で、説教が落語へ変容していく過程が語られる。
二 落語と仏教風俗
 では、宗派ごとに、それぞれと関わりの深いネタが紹介される。もちろん、特定宗派に限らず、仏教全般と関連するネタも数多いので、それらについての言及もある。
三 仏教と怪談噺・人情噺
 では、長篇ストーリーものといえる怪談、人情噺(因果応報が物語を推進させていく作りになっているものが多い)の中にみる仏教の影響、なかんずく三遊亭圓朝の創作と、彼が仏教といかにかかわって生きたかが述べられる。
 「それは知識として弁えているが、仏教と演芸とを分離して捉えたいのだ」という純な演芸ファンの気持ちはよく分かる。以前ご紹介した柳家権太楼師の落語ネタ紹介本でも、師は、「甲府ぃ」というネタについて、「この噺はプロパガンダであるから、作った人の了見が見えすいていて好きになれない。『これが落語か』とも思う」と述べておられる。けれども、あらゆる演芸がなんらかの形でなにものか(宗教ばかりでなく学問やら商業的な意味もこめて)のPRでないと言い切れないであろうことは、師は百も承知二百も合点でこう言っているので、おそらく「甲府ぃ」の露骨さが野暮であると言いたいのであろう、と私は解釈している。そういう背景なしで、ただ面白いから、時代の変転に耐えて何百年も話芸が伝えられてきたというのはちょっと考えにくいからなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示