サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

hontoレビュー

犯人のいない殺人の夜(光文社文庫)

犯人のいない殺人の夜 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー142件

みんなの評価3.5

評価内訳

142 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ぞくっとします。

2016/01/23 19:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

オムニバスで書かれているので、読みやすいです。映像化されているので、観てから読んでも、読んでから見ても楽しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山椒は小粒でピリッと辛い

2004/07/10 16:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」。(1)小さな故意の物語(2)闇の中の二人(3)踊り子(4)エンドレス・ナイト(5)白い凶器(6)さよならコーチ(7)犯人のいない殺人の夜、以上7篇が収録されています。この短編集は表題になっている「犯人のいない殺人の夜」に言い尽くせそうな、それをテーマに括った短編集とも言えそうです。事件が起きれば必ずいる加害者ですが、そう簡単に犯人にはならないぞと意識的にまた無意識に、一ひねりも二ひねりも加えた「山椒は小粒でピリリと辛い」、そんな作品が収められています。ブラックじゃ苦いし、ミルクを入れてドロッとさせるのも嫌だし、じゃあアメリカンでと飲んでみたら、あっさりしているもののコクがあって意外と美味しいじゃない…そんな感じでしょうか。こう言うのも大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初期の東野短編に対する認識を改めさせられた短編集。

2011/08/18 14:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾は得意ではない。

そんなこと、自分が一番良く分かっているのに
また手に取ってしまった。

しかもデビュー後すぐの初期作品。
しかも特に、「あまりお上手ではない」と思っている短編集。

軽い暇つぶしに読むにはちょうどいいか、と
手を伸ばしてみたのだけれど…。

いい意味で裏切られました。
でもって、初期の東野作品に対する認識も改めました。


もちろん、相変わらずどの作品もさくさく読めて
すぐに内容を忘れてしまう自信があるものばかりなのだけれど、
一話一話の後味があまりよろしくなく、
その「よろしくなさ」がとても好みだった。

他にも想定外(東野圭吾を舐めていたので)の叙述トリックに
思わずやられたっ!!!!と思ったのもあった。

タイトルに隠された遊び心もいい。



好きだわ、この作品。
(すぐに内容を忘れちゃうのは否めないけれど)




『犯人のいない殺人の夜』収録作品
・小さな故意の物語←オーソドックス。わかりやすい。
・闇の中の二人←うーん、やるせないかも。
・踊り子←悲しい。
・エンドレス・ナイト←好き。
・白い凶器←狂気。
・さよならコーチ←ある意味オーソドックス。
・犯人のいない殺人の夜←すぐに読み返しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しいです

2008/05/18 22:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾の特徴の一つと言える“人間関係が生む悲しい結末”ストーリー。
面白いのだけれど、決して明るくはありません。
「犯人のいない殺人の夜」では、どんでん返しが楽しめます。
ミステリーらしいミステリーな短編集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

余韻が深く残る本

2018/06/06 17:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりどな - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集で読みやすいです。一つ一つの話が、読んだ後に余韻を残し、考えこんでしまいました。次々と読むというよりは、一つを読んで、余韻を楽しみ、回想し、また読むといった感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/04 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/15 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/05 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/07 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/09 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/08 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/17 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/20 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/07 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

142 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。