サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

この土地で生きていくということ

2010/06/19 18:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、"Sarah, plain and tall"(邦訳:『のっぽのサラ』)シリーズの
2冊目である"Skylark"の翻訳書である。

"Sarah, plain and tall"のシリーズは、
"Skylark"、"Caleb's Story"、
"More Perfect than the Moon"、"Grandfather's Dance"と続くが、
翻訳されているのは、『のっぽのサラ』と『草原のサラ』のみである。

『のっぽのサラ』で、アンナとケイレブのパパの
花嫁募集の新聞広告に手紙をくれてやってきたサラが、
パパと結婚するところから、本書は始まる。

パパ(ジェイコブ)、サラ、アンナ、ケイレブで
一緒に記念撮影をするところが微笑ましい。

こうして幸せな生活がはじまるかに見えた。

家族は信頼しあって幸せだったのだが、
不吉な予兆は結婚式の前から既にあった。

大草原は、ずっと雨が降っていなかったのである。

まだ幼いケイレブは、まだ雨が降らなかったら困るということを知らない。

率直にそれをパパに尋ねる。

パパは、困るけれどもなんとかやっていける、
いつだってなんとかやってきたと答える。

サラが、もしここから出て行くことになったらと心配するが、
パパはまったくそんなことは思っていない。

  「ぜったいに出ていったりしないよ、サラ」

  「わたしたちはここで生まれたんだ。

  この土に、わたしたちの名前が書いてあるんだよ」

この「土地に名前が書いてある」という言葉は、
本書のストーリーの核となる言葉の一つである。

このパパの言葉を聞いたケイレブの行動が微笑ましい。

「サラは、ここで生まれたんじゃないよ」と言いながらも、
小枝を拾ってきて、サラの名前を綴ろうとするのだ。

SARAになっていて、最後のHが落ちているんだけどね。

(翻訳書では、ここをサウと書いて示した。翻訳の難しいところだ。)

ケイレブは事実をそのまんま言っているのだが、本質を突いてもいる。

サラはまだ心からここの土地の者にはなっていないのだ。

メイン州の家族からの手紙に、
午後になるとほとんど毎日のように雨が降ると書いてあったのだが、
それをみんなの前で音読できなかったり、複雑な思いを抱えるサラ。

雨はまったく降らず、井戸が枯れたり、山火事が起こったりする。

とうとうこの土地を捨ててよそに行く家族も出てくる。

ある日、サラはとうとう言ってしまうのだ。

  「わたし、ここの土地、だいっきらい」

  「わたしには、ここを好きになる義務なんか、ないんですからね、
  マシューやジェイコブみたいに。

  ふたりとも、この土地に自分のすべてを捧げたのよ。
  
  なにもかもありったけ! 

  それなのに、この土地はなんにも返してくれないじゃないの」

  「いつかジェイコブがこういったの。

  この土に自分の名前が書いてあるんだって。

  でも、わたしの名前は書いてないわ。ぜったいに!」

それを聞いたマギーおばさんはこのように言ったのだ。

  「あなたは、草原のヒバリみたいね」

  「ヒバリは、大地のずっと上のほうで自分の歌をうたって、
  ほかの鳥に自分がどこにいるか知らせるの。

  それから、まっしぐらに地面に下りて、巣を作るのよ。

  でも、あなたはまだ地面に下りてきてないんだわ、サラ」

本書の原題"skylark"はここから来ているのである。

雨の降らない大草原で、とうとう家族の納屋が山火事で燃えてしまう。

ジェイコブは、自分ひとりが残り、
雨が降るまで、サラ、アンナ、ケイレブを、
サラの実家に置いてもらうことにするのだが・・・。

この苦難を乗り越え、Skylark(ヒバリ)に象徴される性格のサラは
地上に降り立つのか。

これが本書の核となる。

もうひとつ、私が好きなエピソードは、
起こった出来事を語り聞かせてもらうのが好きなアンナとケイレブが、
サラが来るようになったいきさつを尋ねているところだ。

  「サラもそうやて、ここに来たんだものね。

  メイン州からパパと結婚するために、来たんだよね」

  「そうね。そうだったわね」

  「それで、ぼくたちが大好きになったんだよね」

  「そのとおりよ。はじめにみんなの手紙が大好きになって、
  それから、あなたたちが大好きになったの」

  「パパの手紙も好きになったの? パパに会う前から?」

  「そうよ、パパの手紙が大好きになったの」

  「パパの手紙の、行と行のあいだに見えたものが、いちばん気に入ったの」

  「行と行のあいだに、なにが見えたの?」

  「パパの生き方」

  「それが、行と行のあいだに見えたものよ」

これはきっと「本読み」なら覚えがあるはずだ。

出会ったことのない、あるいは、
リアルには存在しない登場人物たちの生き方を
行間に見て、彼らを愛するのだから。

翻訳書2冊を読んだことで、
原書5冊シリーズを多読で読んでいたときには見えなかった彩が見えてきた。

これは、英語の字幕を必死に読んで見た作品を、日本語字幕で見て、
もう1回英語字幕に戻してみようとするときと同じ心境かもしれない。

英語多読を再出発しようという気持ち、
本に限らず映像などの英語の作品にもっと触れようという気持ち、
様々なものが呼び起こされたようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/06 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/27 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/15 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/19 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。