サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

カンブリア紀の怪物たち 進化はなぜ大爆発したか(講談社現代新書)

カンブリア紀の怪物たち 進化はなぜ大爆発したか みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
22 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

遺伝子研究から見たカンブリア紀の生物たち

2010/01/26 20:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

グールド「ワンダフル・ライフ」で、バージェス動物群の記載の見直しを行った三人の英雄として描かれていたうちのひとり、コンウェイ・モリスによるバージェス動物群についての著作。

新書判で手頃だが、やはりまずはグールドのものを読んでからこれを読むべきだろう。一応本書でもバージェス動物群についての解説は行われているけれど、図版や個々の動物についての記述は薄手で、ある程度の知識がないと楽しめないと思う。二肢型付属肢などの用語が説明なく用いられていたりするので、節足動物の分類などについてもある程度の知識があった方がよい。

その点「ワンダフル・ライフ」では個々の動物についての記述や、動物分類の具体例などがかなり詳しい。コンウェイ・モリスは「ワンダフル・ライフ」を冗長と評しているけれど、初学者にとってはきわめて丁寧かつわかりやすい基礎知識の解説を含んだ、秀逸な概説書だ。知ってる人には冗長だろうけれど。

本書ではグールド以降のバージェス動物群研究のエッセンスを知ることが出来、またグールドのバージェス動物群観に見直しを迫るものとなっていて、非常に興味深い。特に、グールドのものでは生物の外形ぐらいでしか分類を判断する術がなかったのに対し、本書では分子発生生物学、遺伝子研究などの最新知見を動員した議論が付加されている。そこでは、バージェス以前のエディアカラ動物群の時代には基本となる遺伝子セットはすでに用意されていたという見解がある。では、カンブリア紀で爆発が起こったのはなぜか、という疑問に対して、ある程度有力な見解として、捕食生物の登場をはじめとした、摂食行動の多様化が挙げられている(これに関してはアンドリュー・パーカー「眼の誕生」に詳しい)。

「ワンダフル・ライフ」を読んでいると三章くらいまでは復習みたいな感じでさほど新鮮味はないが、四章あたりからはアップデートされた研究を基になかなか新鮮な知見が多く、特に発生学と遺伝という視点はグールドのものにはまったくなかったものだけに、非常に面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

分岐分類学への誘い

2002/07/15 14:20

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もぐらもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本の柱は2つ。カンブリア紀の生物たちはどのようの生活をおくっていたのか、又、なぜ、そのようなことが分かるのか。という話とスティーブン・ジェイ・グールド「ワンダフル・ライフ」に対する反論です。
 カンブリア紀の生物については細かい図があまりなく、あるのは化石の写真とカラーの口絵(カンブリア紀の生物がうごめいている海の中の絵)のみです。「ワンダフル・ライフ」を読んでからでないと、話題となっている生物のイメージがつかめません。目が5つあるオパビニアでさえ印象に残りません。しかし、「オットイアはどうやって捕食したか」というような話はとても面白いです。「なんでそこまで分かるのか!」と驚くしかありません。
 また、「動物の異質性はカンブリア紀に極大に達していた」というグールドさんの主張に対し、モリスさんは「分岐分類学の手法によると異質性の程度は変わらない」と主張します。「ワンダフル・ライフ」には節足動物の分類方法について説明がありますが、その考え方自体が誤っていると主張します。グールドさんの「悲運多数死」にも、「生命のリプレイ」にも疑問を投げかけています。
 この本が書かれた段階でも、まだまだカンブリア紀の爆発の謎は解けていません。今後の展開が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/31 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/30 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/13 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/19 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/18 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/23 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/04 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/10 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/27 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/05 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/02 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/20 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

22 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。