サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

hontoレビュー

ノーマン・ロックウェル画集

ノーマン・ロックウェル画集 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

ロックウェルに対する思い込みを正してくれる一冊

2004/11/27 10:30

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私はノーマン・ロックウェルという画家に対してひとつの大きな誤解を持っていました。その誤解とは「ロックウェルは黒人を描かない」というものです。
 ロックウェルを初めて知ったのは映画「ブロードキャスト・ニュース」の中で「帰郷」(本書47頁)という作品が使われていたことからです。その後92年2月に伊勢丹美術館で彼の作品の多くに接する機会を得ました。しかし当時の展示作品の選択が私に大きな誤解を与える結果になりました。展示作品に描かれているのは比較的恵まれた中流白人家庭ばかり。意図的に黒人を画面から排除しているかのような作品群を見て、「アメリカの心を描いた」というその美術展の謳い文句に鼻白んだことをよく覚えています。

 しかしこの画集はそんな思い込みを正してくれます。ロックウェルには「The Problem We All Live With」というアメリカ公民権運動中の一事件を毅然と描いた作品があったのです。(本書87頁)
 この64年の作品には白人専用とされた公立学校に黒人の少女が初登校する姿が描かれています。絵の背景にある壁には、保守層の白人たちが投げつけたトマトが当たって飛び散った跡が生々しく残っています。警備を担当する官吏たちが少女に同行しており、絵からは実に物々しい雰囲気が伝わってきます。しかし当の黒人少女は臆することなく、凛と胸を張って学校へ向かおうとしています。人種間の不平等を撃つ、まさに歴史的瞬間を独特の筆致で写し取ったこの作品は、深く重い感動を与えてくれます。

 日本では私のようにロックウェルをアメリカの暖かい(白人)家庭をユーモアあふれる作風で描いたイラストレータとしてだけ捉えている人がまだ多いのではないでしょうか。彼がこのように社会に矢を射る作家でもあったことを知ることができる本書をより多くの人に知ってもらいたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/26 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/11 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示