サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

hontoレビュー

ふとふり返ると 近藤喜文画文集

ふとふり返ると 近藤喜文画文集 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (16件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

あなたのいる所を描いています

2005/10/29 23:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:正美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱりジブリの人たちの絵というのはレベル高いな、と素直に思いました。ここにある絵はみんなファンタジーではなく、生活感溢れた、と言うよりもそこに住んで生活している人たち−−子供、高校生、若者、そしておばあさんの生きている姿です。
「晴れあがった空のようなつきぬけた開放感(帯での宮崎駿のコメント)」の様に晴れた日の絵はもちろん、雨や夜の絵もまた格別です。アニメの舞台はあなたの住んでいる場所もなるかもしれないヒントを、この本は与えています。これら作品が遺作になっているというのが、本当に残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生き生きと描かれています

2016/05/04 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この画文集は、スタジオジブリの映画「耳をすませば」の監督で、「火垂るの墓」や「おもひでぽろぽろ」のキャラクターデザインも手掛けられた故 近藤喜文さんが、月刊「アニメージュ」で約5年連載を担当されたスケッチに未発表のイラストを加えたもので、近藤さんの急逝を悼んで出版されたようです。

近藤さんは、その他にも「赤毛のアン」のキャラクターデザインや作画監督を務め、金曜ロードショーのオープニングのアニメーション(映写機を回す映写技師のおじさんが帽子をとって挨拶するもの)などにも関わっていらしたそうです。

近藤さんがご覧になった日常の光景や人々の様子がとても生き生きと描かれていて、見ていて温かい気持ちになりました。

ジブリの作品が好きな方、アニメーションに興味のある方、画を描かれたり・ご覧になるのが好きな方には特におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みんないい顔をしている

2002/07/31 18:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やすみつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

近所の街中(まちなか)の人たち(子供など)をスケッチした画集。スケッチとはいえ、丁寧に書き込まれた、いーい感じの絵。どの人もどの子もいい顔をしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

観察眼

2001/07/31 12:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこいらず - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夭折の天才アニメーター近藤喜文がアニメ雑誌に連載していたイラストエッセイを集成。人々を暖かく見つめる視線が素晴らしい。特に子供達の動きと表情が絶品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あたたかい

2002/06/24 03:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hika - この投稿者のレビュー一覧を見る

「耳をすませば」で監督をされた故近藤喜文氏が月刊誌・アニメージュに掲載していたものなどをまとめた画文集。優しい色づかいと線で、子供たちなどの表情やしぐさのスケッチはすばらしいの一言。観察・研究などに余念がなかった近藤氏、そのあたたかい人柄も感じられる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/10 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/01 07:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/13 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/29 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/15 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/07 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/15 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/24 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/28 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

20 件中 1 件~ 15 件を表示