サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ヴィラ・マグノリアの殺人 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

高い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/07/03 00:02

作品名にご用心!?

投稿者:まきしまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外それも地中海にでも浮かぶ島を舞台にした殺人事件を叙情豊かに描く作品
…ではありません。
本当のところは神奈川県葉月町(仮想)にある住宅街を舞台にした物語です。

殺人事件というものは被害者は勿論その家族、そして周囲の人にまで
何らかの影響を及ぼす。警察によるしつこいまでの追求…殺人事件さえ
起きなければ暴かれずに済んだことまでもが取り沙汰され、殺人事件で
ギスギスし始めた人間関係をこれでもかと壊しにかかる。
本書ではそう言った殺人事件によって引き起こされた闇の部分を
若竹七海流の視点をもって描いている。

この作品「犯人あて」を謳っているだけはあって、結構巧みに情報が操作されており
ボケッとしていると重要なポイントを見落としてしまうので要注意。
真面目に犯人あてをしようと思う方は<見取り図>はしっかり頭に入れておくこと。
ここを見落とすと【双子ちゃん】が本格的に登場するまで、真相に近づけません(たぶん)。

どこか余韻を残す結末なのでシリーズで読んでみたい。

また、この作品のテーマを違った方向から描いた『人間の幸福』(宮本輝・著)
という作品があるので、この作品を気に入られたのであれば一読されることを
オススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/02/05 17:43

ミステリーコーナーより

投稿者:若竹七海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリ好きの友人と「ミステリは大好きだけど、最近は気持ちの悪いものとか、頭でっかちなものばかりだ」という話をしたのがきっかけで、ミステリの要素をきっちり備えつつも軽く読める小説を書きたいと思い、初めてコージーに挑戦した作品です。キャラクターを作るのが楽しかったですね。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

作品名にご用心!?

2002/07/03 00:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まきしまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外それも地中海にでも浮かぶ島を舞台にした殺人事件を叙情豊かに描く作品
…ではありません。
本当のところは神奈川県葉月町(仮想)にある住宅街を舞台にした物語です。

殺人事件というものは被害者は勿論その家族、そして周囲の人にまで
何らかの影響を及ぼす。警察によるしつこいまでの追求…殺人事件さえ
起きなければ暴かれずに済んだことまでもが取り沙汰され、殺人事件で
ギスギスし始めた人間関係をこれでもかと壊しにかかる。
本書ではそう言った殺人事件によって引き起こされた闇の部分を
若竹七海流の視点をもって描いている。

この作品「犯人あて」を謳っているだけはあって、結構巧みに情報が操作されており
ボケッとしていると重要なポイントを見落としてしまうので要注意。
真面目に犯人あてをしようと思う方は<見取り図>はしっかり頭に入れておくこと。
ここを見落とすと【双子ちゃん】が本格的に登場するまで、真相に近づけません(たぶん)。

どこか余韻を残す結末なのでシリーズで読んでみたい。

また、この作品のテーマを違った方向から描いた『人間の幸福』(宮本輝・著)
という作品があるので、この作品を気に入られたのであれば一読されることを
オススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今いちかな

2017/01/16 18:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。
アメトークの読書芸人で別の作品「静かな炎天」が取り上げられていたので興味を持ちました。

う〜ん、取り立てて褒めるところもなければ、貶すところもない作品でした。
読みやすくはあります。紹介にあるような粒よりのユーモアは感じなかったですね。

やっぱり、「静かな炎天」を読んでから改めて、自分なりの著者評価を決めることにしようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーコーナーより

2001/02/05 17:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:若竹七海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリ好きの友人と「ミステリは大好きだけど、最近は気持ちの悪いものとか、頭でっかちなものばかりだ」という話をしたのがきっかけで、ミステリの要素をきっちり備えつつも軽く読める小説を書きたいと思い、初めてコージーに挑戦した作品です。キャラクターを作るのが楽しかったですね。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/05 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/18 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/16 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/15 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/19 08:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/03 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/16 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/07 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/17 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/27 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

16 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。