サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

hontoレビュー

フルーツバスケット 3(花とゆめコミックス)

フルーツバスケット 3 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (19件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

はつはる登場

2017/04/10 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

持久走中の透・夾・由希の前に、突然現れた草摩家の血縁者・はつはる。彼の目的は夾に勝負を挑む事だったが、いつの間にか透を賭けた(?)闘いに…!?ブラック春と女将のインパクトが強烈で未だに覚えてます。紅葉くんが話していた「世界で一番バカな旅人」が印象的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心温まるストーリー

2015/10/27 15:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sa_ya - この投稿者のレビュー一覧を見る

「世界で一番バカな旅人」のお話掲載回です。バカだけど、愛おしく思ってしまう旅人の行動には、何か心温まるものがあります。
紅葉くんファンとしては、紅葉くんの登場が多いのも嬉しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感想

2015/07/21 23:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいちょー - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻でいちばん心に残っているのは、世界で一番バカな旅人のお話です。人の優しさはときにバカにされる。おひとよしとばかは紙一重。だけどその違いは、優しいその人が生み出すものではなくて、他人が決めること。だれかにとってはバカにできるお笑いものかもしれないけれど、自分にとってはそうじゃない。そのひとの優しさをこころをいとしくおもう。切なく思う。わたしは優しさをいとしく思えるひとになりたいです。そしてその優しいひとに、優しさを返したいです。こころがあったかくなるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分に問いかけて見つける答え

2002/06/10 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふーにゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ホント、見所満載です。
 マラソン大会の日、2巻にも少し登場した「爆裂かっこいい」容姿でママチャリを乗り回す草摩潑春が由希や夾に会いにきます。潑春の意外な面や、彼と夾のバトル、見ものです。
 また、この巻には、バレンタインデーやホワイトデーという、高校生にとってとても重要なイベントでの彼らの様子も盛り込まれています。夾激ラブな楽羅、やってくれます。
 この巻での私イチオシの見所は、紅葉の語るストーリーと問いかけです。
 社会の常識、というものが存在します。それに沿わずに蔑まれる存在、というものも悲しいですが存在します。だけど、それは本当に正しいものなのでしょうか?
 信じられる正しいこと、尊い存在とは何かは、自分の内に見つけていかなくてはいけないのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

草摩發春

2002/03/08 12:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 フルバ第3巻では、新キャラ草摩發春が登場します。またまた問題が起こって盛り上がるのでした。フルバの登場キャラは何処かしらコンプレックスや問題を抱えていて、それを癒すのが主人公の本田透君なのですね。話の基本的な構造はそういう作りなのですが、全く先が読めないので面白く読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハル登場

2001/09/14 18:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鏡  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マラソンの練習中に登場した新たな十二支、ハル。彼のホワイトとブラックというキャラクター性もさながら、由紀との心温まるエピソードは涙なくして語れない。そして王子・由紀&夾の透への淡い恋心も少しずつ表れてきて、王女・透の行く末は如何に!? といった感じです(笑)。特に今回は由紀の透への台詞が最高。彼でなければああいう事を言うのは許されないでしょう…。まさに王子の特権!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今回もいろいろと

2001/09/07 23:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夾が持久走でがんばってみたり、新たなる草摩の初春が登場したり、はなちゃんがバレンタインデーにも関わらず一つしかチョコの入っていなかった由希の靴箱の謎を解明したり、紅葉と透と由希と夾で温泉旅行に行ったりと盛り沢山な内容。
 時には大笑いしたり北叟笑んだりじ〜んと感動したりでとても面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

透の優しさにどんどん癒されて。

2001/03/05 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaede - この投稿者のレビュー一覧を見る

 十二支の物の怪に取り憑かれた草摩一族の新しい面子が、また透の前に現れた。

 普段はボーッとしているくせに、1度切れると手に負えなくなる春は「はとり」に引き続き、かなりインパクトのある十二支になることがわかって、あいかわらずオモシロイ。

 そしてまだまだ謎も多いが、草摩一族の複雑な人間関係がまた少しだけ明らかになった3巻。

 この巻では、由希がうっとりと綺麗な表情ではなく、少し照れたような表情も見せるようになったし、夾の気持ちの中でつかえていたものが、また一つ透のおかげで乗り越えたようだし、透の無償の愛情にみんなが気付いて優しい気持ちになれたりもして、あいかわらず透に癒される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きょんモエモエ…(笑)

2000/12/19 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カノン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハル登場でますますにぎやかになる草摩の面々(笑)きょんの透を守りたいって気持ちがはっきり現れてて…いいですねぇvv(笑)ゆんちゃんも透に名前で呼ばれて真っ赤になっちゃってvvかわいいですよねぇ(笑)モゲ太登場もお忘れなく(笑)ぐれさんの鬼畜っぷりもいいですね。この人が一番裏がありそうで。いや、あるのか(笑)王子も暴走してます(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女まんがパワー炸裂

2002/07/07 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただでさえ、めいっぱい少女まんがチックな絵なのですが、この巻は、ちょっときどりすぎ、ちょっと美しすぎ、ちょっときれいごとすぎ、といった感じで、昔ながらの少女まんがにありがちな臭さ(照れ臭さも含めて)が盛りだくさん!
根っからベタな少女まんがが好きな人は良いですが、その手のものは苦手(この作品に限っては、十二支の謎等、その他の要素がおもしろくて読んでいる)という人にとっては、少し読みづらい巻となるでしょう。
透の友達の電波少女はなちゃんが、あいかわらずクールに笑わせてくれ、臭さを中和してくれてはいますが。

おまけ的なものですが、作中、透と由希、夾、楽羅の四人で見に行った映画のスクリーンがちらっと映ります。
「モゲ太 最後の聖戦」。
これ、どんな話なのか、けっこう気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ますますにぎやかに

2001/10/28 12:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まんがずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 またまた新たな十二支が参上。名前を草摩澄春。彼は普段は温和だが1度きれると誰にも手がおえないことからブラック春という異名を持っている。そんな彼がマラソン大会の最中に夾に勝負をしにやって来た。だが勝負の途中で由希が倒れてしまい…。
 その他に透と由希&夾と楽羅のダブルデートの話や紅葉からのバレンタインのお返しに温泉旅行をプレゼントされて由希や夾、紅葉との旅行の話など盛り上がり満点。私は温泉旅行の話がこの巻の中で一番好きです。
 高屋奈月さん自作の童話も組み込まれてます。由希と夾の笑った顔がとてもかわいい。旅館の女将さんは十二支の1人の母親でこれがまたインパクトのあるおひと。すっごく笑えます(笑)。強烈です(笑)。いいあじだしてますよ(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/29 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/03 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/10 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/04 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

28 件中 1 件~ 15 件を表示