サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

hontoレビュー

エルメスの道(中公文庫コミック版)

エルメスの道 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

モード界の至宝、エルメスの底力

2003/06/24 00:20

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yurippe - この投稿者のレビュー一覧を見る

エルメス。言わずと知れた、バッグの最高級ブランドです。ヴィトンやグッチも高級ですが、お値段はもう一桁、二桁、エルメスが上を行きます。ケリーやバーキンを代表とする革バッグやシルクのスカーフは、女性たちの心を鷲掴(わしづか)みにして離しません。

本書は、少女漫画界の大御所、竹宮恵子さんがエルメス社に依頼されて描き上げた“マンガ・エルメス社史”です。毎夏モンゴルに渡り、草原を馬で駆けるという竹宮さんは、馬具メーカーとして創業したエルメスにとって、おそらくまたとない社史の描き手だったでしょう。

竹宮さんの代表作は、言うまでもなく『地球(テラ)へ…』と『風と木の詩』。『地球(テラ)へ…』では、その壮大なる宇宙の広がりとソルジャーの悲壮な姿に心を打たれ、『風と木の詩』ではジルベールやオーギュスト、セルジュが織り成す耽美な愛憎に酔いしれました。竹宮さんは、その繊細な筆致と私達の想像を遥かに超える大胆なストーリーテリングで、いつも読者を魅了してくれます。

『エルメスの道』は、そんな竹宮さんが丁寧に仕上げたエルメスの歴史物語。創業者ティエリ・エルメスから四代目社長ロベール・デュマ・エルメスまで、エルメスが馬具メーカーとして興され、ファッションブランドとして躍進するまでのサクセス・ストーリーを世界史の変遷と共に追って行きます。

根っからの職人気質だった初代ティエリ・エルメスが作り出す馬具は、その確かな技術とセンスで王侯貴族から熱い支持を受けました。三代目のシャルル・エミール・エルメスは、誰からも好かれる社交家であり、同時に卓抜した企画力を持ち合わせた天性の広告マンでした。馬車の時代から自動車の時代へと移ろう時代の趨勢を目ざとく読み取り、革の縫製技術を生かして馬具商からファッションメーカーへの転向を成し遂げたのです。馬の鞍を縫うための特別な縫製技術が生み出すバッグの新鮮さは、社交界で最先端のファッションを競う貴婦人たちを虜にしました。

洗練された技術を持つ職人と、先見の明を持った経営者という「人の利」、パリというファッションの都に工房を構えた「地の利」、そして時代の流れというまたとない「天の利」と、三つの「利」に恵まれ、それを生かしきったエルメスという奇跡の軌跡を、竹宮さんは見事に描ききっています。ブランドの好き嫌いにかかわらず、エルメスという最高級ブランドの物語は物作りに携わるすべての人にとって、学ぶことが多いのではないでしょうか。エルメスがモード界で一目置かれるそのわけを、本書はしっかりと教えてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/16 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/04 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/05 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/22 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/25 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/01 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示