サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

クレヨンしんちゃん Volume6(アクションコミックス)

クレヨンしんちゃん Volume6 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

しんちゃんがまきおこす大騒動はテレビよりもちょっと過激

2001/01/03 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タッピング - この投稿者のレビュー一覧を見る

 テレビでもおなじみ、「クレヨンしんちゃん」。わたしは時々テレビでも見ていますが、ちょっと違和感を感じてしまいます。なぜかというと、もともと「クレヨンしんちゃん」は子供を対象とした漫画ではないので、コミックの方では「これはテレビでやったらちょっとまずいんじゃないか!?」というような話が結構出てきます。一方テレビの方では子供にも楽しめるようにアレンジされてある意味「無難」な仕上がりとなっているからです。
 というわけで、オトナ向けの漫画とあって本書では「嵐を呼ぶ園児」しんちゃんが、常識など意に介せずに大活躍をしています。
 「クレヨンしんちゃん」の魅力は、まず話の中に多数ちりばめられているギャグだといえます。例えば冒頭の話で、アクション仮面のミミ子お姉ちゃんが登場したときの野原家の対応などは笑えます。さらに、異星人の光線を浴びた人たちの哀れな末路も「どこからこんなこと考えつくのだろう?」と思ってしまうようなユニークさです。
 とにかく面白い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示