サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

hontoレビュー

王女アレキサンドラ(白泉社文庫)

王女アレキサンドラ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

波乱万丈なヒロイン達

2001/10/01 00:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作『王女アレキサンドラ』は、8歳の時にテロに巻き込まれ、失明した王女の物語である。盲目という事で疑心暗鬼になり泣いてばかりいた彼女は12歳の時、「人々の愛を、善意を信じなさい」と病床の母から遺言をもらう。それが彼女の道標となっていくのである。
 彼女が15の時、父は2人の子持ちの伯爵婦人と再婚。だが王妃となった義母は世継の産めない身体となってしまった。そこから義母のアレキサンドラに対する嫌がらせ・謀略が始まる。それはひとえに国王の実子であるアレキサンドラを王位継承不適格者として知らしめ、自分の息子・ライラスを国王にする為のものだった。
 盲目、という事で益々孤独になるアレキサンドラ。しかし従医のアルバートに「誠意を持ってぶつかればきっと通じる」と言われ前向きに挑戦していく。やがて父王が亡くなり、彼女は戴冠式へと向かうが…。次々と振りかかる難題に盲目の彼女が誠意を持って立ち向かっていく姿に感動を覚える。
 他『帰らざる氷河』『炎のマリア』ちょっと趣きが違うが『真夏の夜の夢』が収録されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/28 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/26 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示