サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー74件

みんなの評価3.9

評価内訳

74 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

数の悪魔が私たちの数学嫌いを治してくれます!

2019/02/03 12:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、過去の詰め込み教育によって数学嫌いになった人に向けて書かれた数学書です。著者が豪語するように、同書は、数学の悪魔たちが私たちの数学嫌いを徹底的に治療してくれるそうです。1や0の秘密、ウサギのつがいの秘密、パスカルの三角形など、興味深い数学のお話が満載です。ぜひ、数学嫌いという方は、だまされたと思って一度、本書を読んでみてください。きっと数学に対する見方が変わります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1話ずつゆっくり読める楽しい本

2019/01/30 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るん - この投稿者のレビュー一覧を見る

しばらく数学に触れていないなぁと思って、読んだ後は誰かに渡せそうなこの本を選んでみました。
仕事の合間に1日1章、頭の体操にもなりました。
というか、一生懸命数学を勉強していた頃に読みたかった。

甥っ子に渡したけど、読んだかなぁ。。。?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

算数ぎらいのわが子に

2015/08/15 08:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るしあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

算数嫌いの小6のわが子に何かきっかけを与えられたらよいなと思って購入しました。少し難しいかなと思ったので、あえて読みなさいとは言わずに、目につくところに置いておきましたが、いつの間にか、貪るように読んでいました。とても気に入ったようです。訳も上手くよても良い本だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人でも面白い

2015/08/09 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てけちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

数の悪魔は子供、中学生はもとより大人でも面白く、へーと感心するように読めます。
ぜひ、この夏休みにおすすめですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

帯に数学嫌いが治りますとあるが…

2005/10/29 12:08

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GKO - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の帯には「数学嫌いが治ります」とあるが、数学嫌いを直すために読むよりも、数学好きな人が数学のことをより好きになるために読む方が、この本の価値をしっかりと発揮するだろう。
ホップするとか大根とか数学がある程度分かっている人にしか分からない言葉や数学が嫌いな人には「それがどうした」と思うだだろうということが多かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学的雰囲気は憧れるけれど、数式は太陽のように眩しくて正視できない──という体質の人に……

2001/03/14 10:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tori__ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 数学的雰囲気は憧れるけれど、数式は太陽のように眩しくて正視できない──という体質の人に……。この本くらいだと数式光線の攻撃をあびずに数学気分にひたれます。

 「算数や数学なんて大きらい! そんな少年ロバートの夢のなかに、夜な夜な、ゆかいな老人「数の悪魔」があらわれ、真夜中のレッスンがはじまる」──「10歳から100歳までの『子ども』のため」ですし……。
 「フィボナッチ数」──とかあやしい響きの単語も登場します。
 「1、0、素数、無理数、三角数、フィボナッチ数、パスカルの三角形、順列・組合せ、無限と収束、オイラーの公式、旅するセールスマンの問題、ウソつきのパラドックス……」──そんなあやしい世界のなかへも、数学では0点をとった思い出、その他不幸な思い出ばかり……という人でも、この本では立ち入ることが許されています、特別に。ちょっとだけでも……。

 またこの本にはカラーで絵がついているので、イメージ的になんとなく内容が伝わってきます。

 「1+1=2」のラッセル卿の証明──なんていうのも、本文にでてくるようでしたら頭がくらくらしますが、絵の部分に描かれればオブジェのように雰囲気を味わうことができます。

 私の夜にも数の悪魔がでてきてくれたらいいのにな……と眠る前に読んで思いました。
by tori__

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/18 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/09 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/03 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/19 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/04 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/01 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/07 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/05 02:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/17 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

74 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。