サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

hontoレビュー

フラワー・フェスティバル(小学館文庫)

フラワー・フェスティバル みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

萩尾望都さんのバレエ漫画

2015/08/18 14:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テレグラムサム - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFやファンタジーのイメージが強いと思われている萩尾望都さんのバレエ漫画です。
若者の青春、大人たちの事情等、主人公のみどりちゃんを取り巻いて繰り広げられるお話は、他の萩尾さんの作品同様、テンポも良く、展開も早く、意外性もありでとても楽しく読めます。
萩尾さんの作品を難しいと思って敬遠している方でもぜひ読んでみて下さい。
特にバレエ漫画好きの方、必読ですよ。
萩尾さんの創作した(漫画で描いた)ガブリエル振り付けの十二宮フェスティバルは実際(現実に)にバレエの舞台を見てみたいほどです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一夏の青春日記バレエ編

2001/09/04 19:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆーか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バレエを習っている高校生のみどり。彼女がふとしたことで体験する夏休みのロンドンバレエ留学物語である。

 バレエを通してイギリスの男の子たちとの交流や、主役の座をめぐってライバル達との実力争いなど、十代の若さをベースに爽やかに描かれている。

 日本にいた時にはカタコトの英語しか話せない主人公が、何故かイギリスに行ったとたんにペラペラになるのは矛盾があるが、現実にこういう物語があったらいいなあ、という後味の良い作りになっている。

 作者のバレエに対する若い興味があちこちに感じられて、楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/21 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/12 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/27 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/16 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/13 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/18 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示