サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー918件

みんなの評価4.2

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/09/08 09:58

21世紀をどう生きればよいか?希望が見えてくる本。

投稿者:VALUATER - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報時代である現代をどう生きればよいか?この本にはヒントがたくさん詰まっている。将来に不安で、毎日が楽しくないというあなた。この本を読めば、新しいライフスタイルが見えてくることだろう。これからの時代を生き抜くために必読の書。なお、この本は、心構えに関する記述が多く、経済的に成功する具体的な方法は述べられていない。具体的な戦略については、若くして経済的自由を手に入れるために バリュー投資・アフィリエイト
というサイトがよくまとまっている。こちらもあわせて参考にしてみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/07/06 18:16

アホかいな

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 何でこんな、見もふたも無いあたりまえのことを偉そうに書いた本が売れるんだろう。お金持ちになりたかったら収入を増やしなさい。知ってるよそんなこと。お金を貯めたかったら支出を減らしなさい。言われなくてもわかっているよ。こんな本、読むだけ無駄。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

918 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

21世紀をどう生きればよいか?希望が見えてくる本。

2005/09/08 09:58

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:VALUATER - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報時代である現代をどう生きればよいか?この本にはヒントがたくさん詰まっている。将来に不安で、毎日が楽しくないというあなた。この本を読めば、新しいライフスタイルが見えてくることだろう。これからの時代を生き抜くために必読の書。なお、この本は、心構えに関する記述が多く、経済的に成功する具体的な方法は述べられていない。具体的な戦略については、若くして経済的自由を手に入れるために バリュー投資・アフィリエイト
というサイトがよくまとまっている。こちらもあわせて参考にしてみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世の中を見る目が変わります!!

2007/08/14 13:15

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本が発行されベストセラーとなった2000年。
早速購入し、読み始めたが、よく理解できないまま半ばで本を閉じ
それから7年が過ぎた。。
その当時、私は就職し、結婚し、子供を持ち、世間並みの幸せをか
みしめていた。
それから数年後に待ち受ける日本社会の現実も知らずに。。。

この日本を待っていたものは、格差問題、年金問題、税金問題、雇
用問題、財政破綻問題・・
次々と噴出する問題を前にして、ようやく気づいたのだ。
国や地方や会社に私たちの人生を預ける時代は終わったのだ・・と。
この国はどこへ行くのか、私たちはどう生きていくべきか。。
そう強く憂えたとき、この「金持ち父さん貧乏父さん」が7年のと
きを超えて本棚の中での深い眠りからさめたのであった。

今回は一気に読み終え、古い頭を新しい頭に交換したかのような気
持ちよさであった。
その当時のアメリカの現状を織り交ぜながらの筆者の意見が、ずばり
それから7年後の今の日本の現状と怖いほどぴたりと重なるのである。

本を読み終えた後、筆者の価値観は、私の新しい思考の一部となり、
新たな世界観を得ることができた。
大げさに聞こえるかも知れないが、まさにそうなのだ。

社会構造が大きく変わるうねりの中、ほんの少し立ち止まって、生きる
こと働くことの意義を考えよう。今の濁流にのみこまれず、賢く生きて
みよう。自分のために・・
今の日本だからこそ、生き方を憂えるすべての人に読んでほしい。
希望の光が見えてきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

資本主義社会を生きていく上でのバイブル

2001/06/20 11:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マーフィー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は決して「お金儲けの為の本」ではありません。資本主義社会の原理原則を理解してその通り実行すれば、結果的に経済に余裕が出来て、その結果人生を豊かに出来るというものです。
 人生の豊かさとは人それぞれの価値観によって異なると思いますが、経済、時間など日々に余裕が出来れば、自分にとって、どのような人生がBESTなのか、豊かなのかを考える余裕が出来ます。ほとんどの方が、毎日の生活を「こなす」ことに追われ、豊かさとは何かなどと考える余裕が無いまま、気が付いたら人生の終盤になっていたというケースがよくあります。皆さん、0〜20歳までの体感時間を20年とした場合、20歳〜60歳までの体感年数が13年という事実をご存知でしたか? 人生は「考える」行為をしなければ、あっいう間に終わってしまいます。
 常に好奇心、向上心を持っていれば、有意義で生きがいのあるなが〜い時間を楽しめます。その為には、まず人生について「考える」ことです。「考える」為には「余裕」が必要です。「余裕」を得る為には「経済」と「時間」が必要です。「経済」と「時間」を得るためには「資本主義社会の原理原則」を理解することです。その為には「金持ち父さん 貧乏父さん」を読むことです。長くなりましたが、これが私なりの捉え方です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読め!

2001/05/24 18:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハマコー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぜひとも一度読んでください!! 読めば考え方が変わります。お金に対しても、人生に対しても。
 この本は日本人のために書かれたようなもんです。ぼくらは子供の時から、お金について話すことがあたかも悪いことのように教育されてきました。そしてもちろん学校でも「お金」のことはなにひとつ教わることなく、大人になってしまいました。
 だからこそ、この本を読んでほしいんです。今までのお金に対する認識とは全く違うことが書いています。目から鱗が落ちることでしょう。そして考え方を広げて、このご時世にみんなで“お金持ち”になりましょう!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一主婦として感じたこと。

2001/03/29 09:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちえこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人のお給料をアテにした生活。能動的にできることといえば、せいぜい節約し、いかにして支出を減らすか、またはパートに出て少しのお金を稼ぐぐらい。結婚してしまえば、女性はお金に対して受動的なものになってしまうものだとあきらめていました。

 でもこの本に出会い、そんな考えしか浮かばないまま年齢を重ねてしまった自分が勿体無く、もっと若い頃、この本に出会っていればと残念に思いました。もちろん、だからと言って今まで通り、あきらめて人生を終わってしまわず、お金に関しても、またそれ以外に、自分の視野を広げるためにも、この本を読んだことは、もっともっと勉強していこうと思える良いチャンスになったと思います。
 女性だから、年をとったから、と心の中で言い訳ばかりしている自分を戒めるためにも、これからもどんどん本を読み、たくさんの良い本に出会えれば、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

金持ち父さん貧乏父さん

2005/03/09 08:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジャックナイフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

会社の同僚に薦められこの本を何度も繰り返して読んでいます。
真剣にお金を儲けたいと考えている方はこの本を読む事をお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お金に対する考え方や、視野が広がる本

2001/02/15 00:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:emis - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お金のことを考えるのが嫌いで、貧乏でも好きな事してりゃイイヤ!と思っていたワタシ。でもその考え方は間違いだったかもしれない。
 この本を読む前は「お金持ちになることだけがシアワセか?」と思っていたが、それは負け惜しみだったのかも知れない。
 それはこの本の著者が言う「金持ち」の意味が、今までの自分の中にあった金持ちとは、かなり違うから。こんな考え方を教えてくれる人は今までいなかったと思う。
・お金の為に働くのではなく、お金を自分の為に働かせる。
・本当の意味で経済的に独立するということ。
・それは、自分自身を自由にするためだということ。
・そうすることによって、お金に縛られ、一生会社や世の中に文句をいいながら生きなくて済むようになる為に必要だということ。
 金持ち父さんの生き方、考え方は、ポジティブで明るくてイキイキした人生を送るためのもの。人とは違う考え方で、独自の視点や、広い視野を持っていきることなんだなあ。
 それから、とても感銘を受けたのは「まず、人に与えなさい。」という言葉。教育でも、お金でも、自分が欲しいと思うものは人も欲しいと思っている。だから、まず、人に与えなさい。そうすれば何倍にもなって自分に帰ってくるよという事なんです。
 この本は、ただ単に、人を出し抜いて金持ちになろうとか、どうやって金を儲けようとか、そういう話ではなくて、どう豊かに生きるかという話…と言う風に、ワタシとしては解釈して読ませていただきました。
 読む人によって色々な角度で読むことができるかな?とてもオススメの本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お金の哲学の本

2016/02/22 19:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

金持ち父さんが教えてくれるお金の哲学の本。本書を読んで、資産と負債の違いなど「お金観」は以前と変化したように思う。金持ち父さんが教える「自分のビジネスを持つ」という教えは中々難易度高そうだが、今すぐにでも実践出来るような習慣も紹介されていたので少しずつ実践していきたい。「キャッシュフロー101」のゲームが楽しそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

株式投資を始める動機になった本

2002/03/08 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さにお - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本屋で何気なく買った一冊「金持ち父さん、貧乏父さん」。この本を読んで自分の資産運用について考えさせられました。
 「中流以下の人間はお金のために働く。金持ちは自分達のためにお金を働かせる」。自分のためにお金を働かせるにはどうしたらいいだろう? 本書には方法の一つとして「株」があげられていました。「株」には以前から興味がありました。しかし、「損をしたら…」とばかり考えていたのです。「人が金銭的な成功を手に入れられない最大の原因は、金持ちになる喜びよりも損をする苦しみの方を考えてばかりいるからだ」。この言葉が私の背中を押してくれました。
 「金持ちになりたければ、お金について勉強しなければならない」。自分の大切な資産を何もわからないまま「株」に投資するなんて、それこそギャンブルです。まず「株」について勉強することから、私の投資戦略は始まりました。
 ホームページで株の投資成績を公開しているので、よかったらどうぞ。また資産運用関係の本を読んでまとめてあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考え方が参考になる!

2001/06/19 13:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ノッポ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お金持ちになるための手段や方法そしてそれらを実現していくことは正直言って難しい。本書で述べられている「中流以下」から脱出できないのも止むおえないかも。しかし各所に散りばめられた人生での大切な一言一言がものすごく説得力がある。お金持ちになるならないは別としても考え方を改める格言書的存在。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貧乏を続けている人にはぜひ…

2001/06/15 13:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuu - この投稿者のレビュー一覧を見る

 外側の装丁のやわらかさとは違い中をパラパラとめくってみると、やっぱり読み疲れしそうなビジネス書という感じ。でも中味はとても濃い、ビジネスに関してだけではなく、どうやって、人生において、ビジネスにおいて、成功していけるかということが書かれている。
 私は特にビジネスを始めようとか、そういう気はなくて、ただ、貧乏から抜け出したいだけだけだった。でも、そんなことを考えるよりも他に、やることがあったんだ! とこの本は気づかせてくれました。
 細かい成功例や失敗例を何度も繰り返し書いてあるので、読み続けていくうちにその感覚が自然にアタマに入ってくる。ソフトな小説に慣れている私にはとてもページの量が多かったが、1冊まるまる、損することなんてひとつも書かれてない、大変読み応えのある本です。
 お金が足りないと日々の生活に悩んで苦しんでいる人、この本を読んで、ぜひ、今の自分のやり方を見なおして欲しい、私もとても参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

当たり前のことですが、改めて考えるに値する内容ですね。

2001/05/19 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H.O - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は会計の知識を持っていますが、この本は改めてお金について考える機会を与えてくれました。
 この本が一番伝えたいことは、“お金がお金を生み出す状況を作り出そう”ということではないでしょうか。
 例えば、今手元に200万円あるとして、その資金を車を購入に当てるのか、車を買うのを我慢して、そのお金を投資に回して大きく膨らまして、その利息やキャピタルゲインで、車を購入するのか。このように贅沢をするのを少しの間我慢して投資もしくは貯金に回すことによって、長期的に見ると、お金がお金を生み出す好循環(その反対は、借金が借金を生み出す悪循環[ラットレース])が生まれるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大学生がよんでみた…

2001/03/15 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだまさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お金っていうのは、なかなか素直に付き合うことができにくいもの。例えばバイトの面接とかで「お金のためだけです。」とか言うのはちょっと言いにくい。もっとも、お金の為以外にバイトをするなんていうのは、馬鹿らしいというか全く意味ないし、言っててうんざりする。働かなくてよいなら(おそらく)誰も働きたくなんかないだろうし、それは極めてまっとうな価値観のはず。ただそのような価値観が日本では否定されているというか、タブー視されているようなきらいがある。もっとお金に素直に向き合って、楽に生きたいものだ。この本はそれを肯定してくれているようで、ずいぶん気持ちが楽になるところがあった。「何のために働いているのか」ということがあいまいなまま、私は働いていきたくはないから。

 この本では「お金に使われるのではなく、お金を使え」というような文句が何十回と繰り返される。「感情に流されるのではなく、お金に対して知識をもて」、そして「assetを増やせ」。これを何回も何回も。そんな書き方が、人によってはまどろっこしく感じられるかもしれない。この本の続編に対するamazonでの書評を見ても、回りくどいとかしつこいとかで評価が下げられたりしている。思うにこの一連の本は子供に見せることも念頭におかれて書かれているのだろう。だから文体うんぬんで評価を下げるべきでもない感じがする。

 私は本書は実は日本語版はぱらっと立ち読みしたのみで、購入して読んだのは英語版です。ただ原文も簡明な英語で書かれており、単語的にも結構簡単です。ページ数も200ページ程度ですので、英語の勉強を兼ねたい方にも結構よいのではないかと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「CASHFLOW」がやりたい!

2001/02/08 13:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:emihal - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とてもわかりやすい本でした。夫婦で熟読してます。本の内容はもちろん良いのですが、本文中で紹介されている「CASHFLOW」というゲームがとても遊んでみたくなりました。現在は英語版だけということですが、簡単にあそぶ方法は無いか模索中です。情報募集中! 日本語版を制作するプロジェクトを立ち上げたいくらいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お金に関する教科書

2001/01/30 07:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FROM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 以前から、なぜ金持ちの所にお金が集まり、貧乏人はいつまでも貧乏なままなのかが不思議だった。私を含めてほとんどの人が収入がもう少し増えれば問題は解決すると思っている。また、それがただの幻想に過ぎない事も、無意識の内に理解している。

 この本では、問題は単に収入ではなくお金の性質を知っているか知らないか、お金の為に働くのか、お金を自分の為に働かせるのかの違いだといっている。

 翻訳は非常に読みやすい平たい文章となっており、イッキに読み通せる。しかし、この本から受ける影響は多大なものとなるであろう。特にラットレースの一員となっている高学歴な人々に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

918 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。