サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

hontoレビュー

鳩の栖 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー100件

みんなの評価4.2

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/07/16 00:13

特別じゃない、不幸じゃない、だからといって強くもない

投稿者:あふらま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 病気を持っている、両親がいない。こういうシチュエーションだと、とかく周りが特別扱いしがちになる、少なくともそういう目でみてしまう。

 しかし、当人達はそんなことを望んではいないはずだ。普通に接して欲しい、遠慮のない方がいいと思っているのではないだろうか。

 だからといって、当人達に不安がないかというとそうではない。自分のおかれた環境に押しつぶされそうにもなることもあるだろう。

 この作品は、特別な事情をもった中学・高校生の微妙な心理状態と自分の置かれた立場を受け入れながら成長する姿を描いた短編集である。誰しもが、経験できるまた、想像できるシチュエーションではないが、読み終わった後の余韻は心地良い。中でも、3話「栗樹−カスタネア」は秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/03/08 15:58

現実世界にある幻想世界

投稿者:藍桐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作を含む短編集。
 収録された全ての物語に共通して流れているのが幻想的な世界。ただ、それはファンタジー小説のように明らかに現実に存在することはありえない世界ではなくて、私達の生活の中でひょっとした瞬間に出会えるような、そんな、なんともいえない微妙な世界。
 大人ではないけれどだからといって幼児でもない、子供なのかもしれないけれど子供と言ってしまうと少し違和感がある、そんな少年達が性別を越えた人間という存在として悩み、愛し、成長していく姿はさすが長野まゆみとうならせます。

 読み終わった時に少しだけ幸せで、なんとなく暖かく、穏やかな気持ちになれる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

100 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

特別じゃない、不幸じゃない、だからといって強くもない

2001/07/16 00:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あふらま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 病気を持っている、両親がいない。こういうシチュエーションだと、とかく周りが特別扱いしがちになる、少なくともそういう目でみてしまう。

 しかし、当人達はそんなことを望んではいないはずだ。普通に接して欲しい、遠慮のない方がいいと思っているのではないだろうか。

 だからといって、当人達に不安がないかというとそうではない。自分のおかれた環境に押しつぶされそうにもなることもあるだろう。

 この作品は、特別な事情をもった中学・高校生の微妙な心理状態と自分の置かれた立場を受け入れながら成長する姿を描いた短編集である。誰しもが、経験できるまた、想像できるシチュエーションではないが、読み終わった後の余韻は心地良い。中でも、3話「栗樹−カスタネア」は秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現実世界にある幻想世界

2001/03/08 15:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍桐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作を含む短編集。
 収録された全ての物語に共通して流れているのが幻想的な世界。ただ、それはファンタジー小説のように明らかに現実に存在することはありえない世界ではなくて、私達の生活の中でひょっとした瞬間に出会えるような、そんな、なんともいえない微妙な世界。
 大人ではないけれどだからといって幼児でもない、子供なのかもしれないけれど子供と言ってしまうと少し違和感がある、そんな少年達が性別を越えた人間という存在として悩み、愛し、成長していく姿はさすが長野まゆみとうならせます。

 読み終わった時に少しだけ幸せで、なんとなく暖かく、穏やかな気持ちになれる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/28 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/09 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/30 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/21 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/02 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/30 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/06 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/12 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/16 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/15 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/15 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/19 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/27 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

100 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。