サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ヒトラー全記録 20645日の軌跡 1889−1945 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

「ヒトラー・クロニクル」

2001/07/04 18:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者には『ヒトラーを読む三〇〇〇冊』(1995年、刀水書房)という労作もあるらしいが、この大部な本書、「ヒトラー・クロニクル」のため、とても読みやすい。内容は、「生成」(1889〜1924)、「努力」(1925〜32)、「独裁」(1933〜38)、「成功」(1939〜40)、「破局」(1941〜45)の全5章、それに、さまざまな文献記述の相違を示す「メモ」、参考として「ヒトラーの人間像」から成っている。各章には扉のペーシがあり、「生成」には、<ヒトラーは1889年4月20日、ドイツ系オーストリア人の息子として誕生。母クララを思慕したが、厳格な父アロイスとは折り合いが悪かった。やがて画家を目指してウィーンに出るが、多感なヒトラーは楽劇を愛し、特にヴァーグナーには深い精神的共感を抱いた。1913年、ドイツのミュンヘンに移ったヒトラーは、翌年の第一次大戦勃発に歓喜し、オーストリア人でありながらドイツのバイエルン軍に入隊。兵士の階級ではごく稀な勲章を受章するほどの働きをする。19年、ドイツ労働者党に入党、演説の才覚で党を発展させ、翌20年、組織を国民社会主義ドイツ労働党(ナチス)に改編。以後、党の組織拡大に勢力を傾注、23年11月8日、国民的英雄ルーデンドルフ将軍を担いでバイエルン政府転覆クーデター「ミュンヘン一揆」を起こすが失敗、獄中の身となる。その獄中で書いたのが、政治的信条『わが闘争』(角川文庫)である。その後は合法的政治闘争を決意する。ヒトラーがユダヤの血筋かどうかの疑念は、ヒトラーの父が私生児(血統不明)に由来したことから来ている。つまりヒトラーの祖母が、ユダヤ系の疑いのあるフランケンベルガー家の家政婦をしていた時、産んだ子だからだ。「参考」には、1938年10月に書かれたユングの分析もある。それによれば<ヒトラーは真に神秘的な呪術の範疇に属する人間である。(……)彼はその声[自身の自意識]の命ずるところに従って行動する人間に似ており、もっと詳細に診立てるなら、空想虚言と言える。自分の嘘をみずから信じ込む特殊能力で知られるヒステリーの一形態である。(……)悲しむべく無教養と、その上に築かれた狂気に近い誇大なうぬぼれ、ヒステリー特有の、抜け目のなさに過ぎぬ凡庸な知性、青年の権力妄想、こうしたものが、このデマゴーグの顔には書いてある>。何度でも書くが、第二次大戦の三人の独裁者ヒトラーは自殺、イタリアのムッソリーニは処刑された。わが日本では最高責任者は退位すらせず、いまなお天皇制は温存、橋本龍太郎は「首相公選と天皇制は抵触する」と語り、小泉純一郎首相は「抵触せず」と公言している。いずれにしてもマスコミは、このことにはまったく反撥しない。また、全世界に散らばる日本の大使はいまなお天皇が任命、大使館には御真影が掲げられ、フランスの革命記念日、アメリカの独立記念日に当たる「ナショナル・デイ」は天皇誕生日であり、ペルーでは誕生祝い(ナショナル・デイ)の日にゲリラに襲撃されたのだ。このことを報じた新聞テレビも、むろん皆無である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/07 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。