サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

青の聖騎士伝説 1

青の聖騎士伝説 1 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.8

評価内訳

17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

他の作品も読みたい!

2002/03/21 20:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍桐  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画などの影響か、ファンタジー小説がそれこそ竹の子のように続々出版されている昨今、本当に面白いファンタジーにめぐり合うのは実は難しくなってきてるかもしれないと思い始めていたところだった。だが、この物語は読み進めれば読み進むほどにひきつけられていくタイプの、今騒がれている海外のファンタジー小説とは一味違った話だった。主人公とその周囲に登場する人物達が魅力的で、他の物語に出てきているキャラクターの父の物語だというから、読み終わった時、ついその息子達の物語も読みたい! と思ってしまう。
 とにかく、冒険者でありながら騎士のごとき品を漂わせつつ、どこか間が抜けたように見えるほどお人よしで優しい主人公に是非めぐり合ってもらいたい。特にTRPGを楽しんだことがある人にはオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだ「青」くないので、「ジュディ」と呼んであげます(いきなり馴れ馴れしいヤツ…)

2007/05/28 23:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カビタ・オジギリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いえね、「異次元的」には有名なご子孫とは、かなり馴染みが長いもので(一方的だろ!)。
巻頭にいきなり名前が出るくらいだから、「彼」もいずれは伝説のヒトと肩を並べるほどの有名人になるんでしょう(どぅかなぁ?)。
 冒頭の話は、はっきり言って「シドの聖剣伝説」といってもいいかもしれません。
と、いうことは…。「竹アーマー」もやがて伝説に(なるのかよ!?)!
 さてこの本は、言ってみれば「深沢美潮ファンタジーワールド外伝」と位置づけてもいいでしょう(今のところ…)。
この世界にイキナリこの本から突撃する人は、そんなに居ないと思いますが、「デュアン…」などを読んだことがない人から見ると、尻切れトンボ過ぎてわからない話もあります。
かなりフリークな人のための本みたいなので、ビギナーにはオススメできない感じです。
でも巻末に、そこら辺のフォローがいろいろ書いてあるので、ガイドに従って読んでいくと、この世界にハマるかも…?
 ひょっとしたら、かの「フォーチュン…」ワールドにあってはこのような書籍が出回っているんでしょうか。だとすると、この本自体が「コレクターズ・アイテム」なのか!?
じゃ、次は「シドの聖剣サブレ」とか「ミネラルウォーター・青の聖水」とか…(出るワケねぇだろ!)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続きを読みたくなる一品

2002/10/21 04:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:token - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の初期の作品であるフォーチュンクエストの中で度々話題に上がった伝説の騎士の話が書かれているのだが、『青の聖騎士』という称号を得た辺りの話では無い。それよりももっと前の、彼が冒険者生活をしていた頃の話がされている。しかし、その時点で手に入れた不思議な剣に纏わる話や、末代にまで影響を及ぼす人物との出会い、伝説の騎士は特別な人間ではなくごく普通の優しい男性であったことなどを読み取れると思う。

しかし、同著デュアン・サークと時代が同じという点からか193ページの分量では多くは語られていない。デュアン・サークを読んでいけば自ずと彼らの謎が明かされていくだろうと思う。

コレを読んだ人は、書中で触れられるデュアン・サークの話を読みたくなるだろうし、本の頭の挿絵が終わった後に見られる2文に子孫の話を読みたくなるだろう。それに、この本の主人公である彼に纏わる話も更に深く知りたくなるだろう。

しかし、何も知らないでこの本を手にしたわけではないので、少々落胆した。
こんなに薄いものかと。なので星3つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/01 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/23 03:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/18 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/28 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/22 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/02 03:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/08 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/01 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/22 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

17 件中 1 件~ 15 件を表示