サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

アイオーン

アイオーン みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

ファビアン導師一代記

2003/11/29 19:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 連作短編ということもあり、正直序盤は取っつきづらいというか、作品世界を了解するまでに結構時間がかかったり。「SFマガジン」はここ数年購読してないんで、先行して発表された幾つかの作品についても未読の状態で、作品についての予備知識がまったくない状態で読み始めたのは、果たしていい方向に作用したのか、悪い方向に作用したのか。舞台となる13世紀前後のヨーロッパについての知識もほとんどないし、「歴史変革物」といってもいったいどこがどう変革してあるやら? といった態で、最初のエピソードでファビアンが信仰と科学(というか、自分の中の好奇心)の狭間で葛藤するくだりあたりで、ようやくノリが掴めた感じです。
 その後は、まあ、すいすい。
 特に後半は、アーサー王伝説やらマルコポーロやら徐福やらが年代を無視して登場して、いきなり沸いて出てきた「巨人」とかと世界存亡を賭けて戦うという有様で、やや思弁的な前半部分に比較すると、よくいえばエンタメの方向に、悪く云えばチープなB級テイストがかなり混入する。この辺は、読む人によってかなり好みの別れるところでしょうけど、わたし的には後半のドライブ感は、かなり好きです。
 惜しいな、と、思うのは、ファビアンと同等かそれ以上の比重を持って描かれてもいいはずのアルフォンスが、いつのまにやら「背景」のほうにいっちゃって、あまり詳しく書かれなかった点。このアルフォンスの性格と設定なら、いっそのこと主役にして、この世界を舞台にしたもうひとつ物語、「アルフォンスの年代記」ともいうべき物語が書かれてもいいと思う。このまま終わるのは非常にもったいないキャラだと思います。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/25 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/17 02:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/10 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 04:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/09 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示