サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 写真の通販
  5. 小学館の通販
  6. 岩合光昭の大自然100 The best selection of Mitsuaki Iwagoの通販
  7. 岩合光昭の大自然100 The best selection of Mitsuaki Iwagoのレビュー

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

大自然の堂々たる動物たちの姿。豪華で贅沢なほどに価値在る写真集

2003/07/29 04:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新聞で短い紹介文を読み、気になっていた本です。
bk1で表紙のホッキョクグマの写真を見てひと目惚れ、さらに七海なぎささんの書評を読んで即購入決定。ワクワクしながら到着を待ちました(わずか1日ですが)。
 飛びついたのは1歳の二男。動物に夢中なのです。テレビの画面でも、お散歩中の犬でも、地面を歩く虫にさえも見るとや目を輝かせて追いかけます。この写真集も毎日、何度も眺めるお気に入りになりました。

 岩合光昭さんの写真集を手にするのは初めて。
写真は目にしたことがあります。満面の笑顔に見えるタテゴトアザラシ、雪玉を両手に抱えた子ザル、富士山と桜の花をバックにたたずむ柴犬。表情豊かで堂々とした動物たちの写真は、おそらく写真集やポストカードブックなどの表紙で見たのだと思います。強く印象に残っていました。
 
 この本はさすがにベストオブベスト、上記の写真のほかにもサバンナのライオン、ゾウ、オーストラリアの鮮やなインコ、カンガルー、ハワイマウイ島沖のクジラ、南極のペンギン、世界各地でのネコなど、100枚の選りすぐられた写真が堪能できます。
最初の一冊としてはなんとも豪華、もちろん文句なし、最高です。
 
 さらに撮影中のエピソードも興味深く読むことができます。
『撮影者の意識が確実に写真に入り込む。写真はそこが面白いですね。』(P54)
『野生動物を見る時は、自分も動物になって見る。(中略)サルの食べるものはできるだけ、ぼくも食べてみました。』(P97)
…なるほど。カメラマン志望の長男(4歳)の参考にもなりそうです。

 写真家の目を通して、さまざまな野生動物の生き様、野生動物を取り巻く地球環境についても考えさせられます。
 
 
 この地球上の大自然、そこに生きている動物たち。自分の目で直接、すべてを見ることは不可能でも、その姿を見事に捉えた写真を通じて見ることができる、これはとてつもなく贅沢で仕合せなことなのだと思います。
 一家に一冊欲しくなる、価値在る本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさにベストな写真集

2004/01/24 08:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニャン左衛門 - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物写真家として世界中の野生動物を撮り続けている氏が、自らこれまでに撮った膨大な作品の中から好きな写真を100枚選んだ。
「ありのままに動物を見る」
氏が野生動物を撮る時にいちばん意識すること、というとおりにとてもリアルな場面の数々が目の前に広がって、凄い。
なんともいえない表情で体を掻いているカンガルーとか、雪まみれのアザラシとか、そして、私が一番好きな風邪をひいて鼻ちょうちんを膨らませたネコなど、ユーモラスな写真もたくさんあります。
ついでに、表紙のお花畑の中でうっとりしているホッキョクグマ、阪神の金本選手に似ている!と私の周りでは騒いでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもにこそ見せたい「本物」の動物写真

2003/05/20 02:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七海なぎさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物写真家・岩合光昭さんのベスト版写真集。

彼の写真は以前から好きで
写真集も結構持っているけれど、
本人の「お気に入り」を集めた自選集、しかも
絶版になった初期の写真も載っている!のを見て
思わず即買い。 

いいんだな、これが。

サバンナの熱くて乾いた風、
どこまでも青く広がる大空を舞う鳥たちの鳴き声、
太平洋を悠々と泳ぐクジラの匂い。
彼の撮る写真は
下手な映画よりよっぽどドラマティックで雄弁だ。
何より、動物たちがたまらない。
自由で、自然で、激しくて、かわいい。

写真だけでなく撮影のエピソードも興味深かった。

「命というものは、親であっても助けられるものではない。
子ども自身の生きようとする力が基本なのだ」
という彼の言葉が耳に刺さる。
自殺や他殺、イラク戦争などのニュースが溢れる現代だから
尚更この言葉が沁みるのかもしれない。

日野原先生が『生き方上手』のなかで
「子どもに死を教えるのは、私たち大人の役目です」
とおっしゃっていたのを思い出す。
そうだ、この写真は子どもたちにこそ見てほしい。

千の言葉を尽くすより
たった一枚の写真が生と死を諭すこともあるだろう。

それにしても
人間と自然との間にこんなに隔たりができたのは
いったいいつからなんだろう…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/05 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/28 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/15 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/12 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/25 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。