サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

風雲児たち 6 ワイド版 (SPコミックス)(SPコミックス)

風雲児たち 6 ワイド版 (SPコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

平賀源内の魅力と早すぎたが故の才能の悲劇

2017/06/18 12:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2017年再読中。最初は、関ヶ原の合戦あたりの再確認のために読み出したのですが、ついつい止められなくなり、もう第6巻まで来ました。
大きな話の流れとしては、第5巻から続き平賀源内の伝記とでも言えるわけですが、それだけに収まらないのが『風雲児たち』の面白いところ。
長崎に滞在した林子平のオランダ人たちとのやりとりも面白いのですが、林子平自身がもっと活躍するのは後のことで、著者も本当に描きたいのはそこなんでしょう。でも、そこを描くためには、そこへ至るまでの言動を描いておかないといけないという、まったくもってやっかいな話です。
さらに、司馬江漢やら秋田蘭学の話やら、ロシア人が初めて(今でいう日本の領土内に)現われた話やら、その勢いは止まりません。
それでもやはりこの巻のメインは平賀源内でしょう。特にその最期や後日談を読んでいると、この奇才と呼ばれた人はもっと評価されても良かったのではないかと思えてきます。
個人的には平賀源内というとNHKドラマ『天下御免』に尽きるところがあるのですが、それに勝るとも劣らず、源内の魅力と早すぎたが故の才能の悲劇とでも言えるものを伝えてくれているように思います。

さあ、この調子で、まだ読み続けるのかしらん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/24 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示