サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

女が自分らしく生きるのって難しい

2004/05/16 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一女性 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女が自分らしく生きることを望むとき、そこにはいつでもハードルがあった。ひとつひとつ、ハードルを飛び越してきた女性たちの前にそびえたつ、最後にして最難のハードル。それは母性なのかもしれない。

産みたいのか、産みたくないのか。自由な選択と自分らしく生きる権利を手にいれたことは、女性にとって、果たして幸せなのか。胸を張り、前を見据え、堂々と自分の生き方を肯定する50人の女性たちのインタビューを読むうちに、なぜか浮かび上がるそんな疑問。だって、彼女たちは——そして、その影にひそむ数え切れないほど多くの「産んだ」女性たちは、悩みぬかなければならないのだ。人生とは。生きがいとは。幸せとは。女として生きる意義とは——。

しかし、この現代に女性として産まれてしまったからには避けて通れない問題なのだから、しっかり悩んで、きっちり自分らしい答えを出すしかないのだ。

産まない女性たちの本音を知ることは、同じ決断を下している女性はもちろん、まだ決めていない女性にとっても、産むと決めたあるいは産んだ女性にとっても、有意義なことだと思う。

最後に——自分とちがう結論に至った同性に対して、鼻息が荒くなってしまうのは女性の性なのだろうか? どっちに決めても、お互いを尊重できたら、なによりベストだと思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/26 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/19 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示