サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

クロサギ 3 (ヤングサンデーコミックス)(ヤングサンデーコミックス)

クロサギ 3 (ヤングサンデーコミックス) みんなのレビュー

  • 黒丸, 夏原 武 (原案)
  • 税込価格:5455pt
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2004/10/05
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

高い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/04/19 14:54

クロサギ

投稿者:にっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、この本にはまってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/04/10 22:16

彼の名は

投稿者:ダブルディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 “クロサギ”黒崎が、シロサギの情報を
得ているのは、フィクサー桂木。
 その桂木の“番犬”である早瀬は、
①②巻において、ほとんど出番がなかった。
 しかし、この③巻においては、実に見事な
“番犬”ぶりを発揮している。
 実に地味な存在であるが、この作品には、
なくてはならないキャラクターである。

 この巻においては、3つの詐欺について
描かれているが、結婚詐欺師を相手に行なう
“クロサギ”が、これまでと黒崎の手口が違い
興味深い。
 この詐欺師は、結婚詐欺(アカサギ)と
シロサギを組み合わせているので、
“桃(ピンク)詐欺”と呼ぶべきか?
 また、この詐欺と並行して描かれる吉川氷柱
(つらら)に関するエピソードが実に上手い。
 彼女は、黒崎が詐欺師であること、どうして
詐欺師になったかの経緯を知っている。そして、
黒崎と(ほぼ)同い年であり、自分は検察官
志望の大学生で、黒崎が大家であるアパートに
暮らしている。
 そんな吉川氷柱が、黒崎の現在と過去について
今まで以上に知ることとなってしまう。
 いずれ描かなければいけないこのエピソードを
黒崎が、成熟した女結婚詐欺師を相手にしている
ときにしたのは、グッドタイミングである。
(まだまだ幼さの残る吉川氷柱と対照的で、
両者が引き立っている。)
 最後に、もう一つ。
この③巻には、①巻に描かれている詐欺を
きっかけにして、黒崎を目の敵にするように
なった刑事・神志名(かしな)警部補は、
登場しない。
 それが、④巻への壮大な伏線となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

クロサギ

2006/04/19 14:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、この本にはまってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

クロサギ3

2016/04/20 10:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一言で「詐欺」って、言っても本当に色んな種類の詐欺があるんだぁ~
金が集まる所に、詐欺の姿あり!金を集める為に影に詐欺の姿あり!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼の名は

2006/04/10 22:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダブルディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 “クロサギ”黒崎が、シロサギの情報を
得ているのは、フィクサー桂木。
 その桂木の“番犬”である早瀬は、
①②巻において、ほとんど出番がなかった。
 しかし、この③巻においては、実に見事な
“番犬”ぶりを発揮している。
 実に地味な存在であるが、この作品には、
なくてはならないキャラクターである。

 この巻においては、3つの詐欺について
描かれているが、結婚詐欺師を相手に行なう
“クロサギ”が、これまでと黒崎の手口が違い
興味深い。
 この詐欺師は、結婚詐欺(アカサギ)と
シロサギを組み合わせているので、
“桃(ピンク)詐欺”と呼ぶべきか?
 また、この詐欺と並行して描かれる吉川氷柱
(つらら)に関するエピソードが実に上手い。
 彼女は、黒崎が詐欺師であること、どうして
詐欺師になったかの経緯を知っている。そして、
黒崎と(ほぼ)同い年であり、自分は検察官
志望の大学生で、黒崎が大家であるアパートに
暮らしている。
 そんな吉川氷柱が、黒崎の現在と過去について
今まで以上に知ることとなってしまう。
 いずれ描かなければいけないこのエピソードを
黒崎が、成熟した女結婚詐欺師を相手にしている
ときにしたのは、グッドタイミングである。
(まだまだ幼さの残る吉川氷柱と対照的で、
両者が引き立っている。)
 最後に、もう一つ。
この③巻には、①巻に描かれている詐欺を
きっかけにして、黒崎を目の敵にするように
なった刑事・神志名(かしな)警部補は、
登場しない。
 それが、④巻への壮大な伏線となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/25 03:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/08 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/18 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/06 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示