サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

1985年(新潮新書)

1985年 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (11件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

年とったなあ、俺も。

2005/08/22 17:18

15人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者の吉崎さんと同世代の私としては、ここに描かれているすべてがつい昨日のことのようなのである。それが何時の間にか20年も前の大昔のことになってしまった。なんというか「浦島太郎」になった気分でっせ。筑波科学万博、「金魂巻」のヒット、新人類、御巣高山にJAL123便墜落、「金曜日の妻たちへ」のヒット...それにしても最後の阪神優勝のくだりは余計だったなあ。結局、バースの、掛布の、岡田の三連発ホームランのことだけが書きたくて、わざわざ振り返りたくもない1985年を振り返ったんじゃないか、と思えてくる。評者のこの邪推は、おそらく「図星」だろう。巨人ファンの私は常々、巨人が弱くなることと日本経済の衰退、犯罪増加率には正比例の関係があると主張している。巨人の衰退と日本社会の乱れは表裏一体の関係にあることは既に様々なデータによって証明された歴然たる事実だ。そのことを振り返らずに、なにが三連発だ。なにがバースの打率だ。そんなことだから日本はダメになったんだ。強い巨人無くして正しい青少年の育成は至難である。教育水準の向上もおそらく不可能である。正しいものが正しくかつ姿を毎日見て、青少年の心ははじめて健やかに育つ。巨人こそは日本のベストアンドブライテストであり、国家の柱石にして礎。視野狭窄な地方の住人に世界の広さを伝える伝道師。「巨人の星」で、あの金田正一は言い放っている。「大リーグのスターも、日本人と同じ5本の指で野球をやっているんだ。貴様らだって、鍛錬を積めば大リーグの連中と五分の闘いが出来るんだ!」この言葉があったからこそ、野茂が育ち、松井が育ったんである。巨人の再建無くして日本の再建はありえない!なんだか話がそれてしまったんで、今日はこのへんで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私はある程度楽しみながら読みましたが、万人に薦められる書ではないこともまた確か

2005/11/23 23:02

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は1960年生まれのエコノミスト。今から20年前の1985年の世相を、政治や経済、消費文化の側面から切り取って見せた一冊です。

 当時の著者は社会人2年目。私も22歳で就職活動中の頃です。あの若き日々を懐かしく振り返る書といえます。中曽根政権下のプラザ合意、科学技術の進歩を信じたつくば博、食うために生きることが許されるようなグルメブームなどなど、自らが体験したあの頃を、まるで古いアルバムを本棚の奥から引っ張り出してきて紐解くように、心くすぐられる思いと共に読みました。

 つまりこの書は全くもって懐古趣味に彩られた書であり、何か新しい発見に出逢えるような本ではありませんでした。「1985年が現代史の中でどういう意味を持っていたか、あるいは日本はそこでどうすべきであったかといった議論には、筆者はあまり関心がない」(4頁)と臆面もなく記すように、著者自身はこの年を「掛け値なしに面白い年」だから選んだに過ぎません。

 確かにプラザ合意はバブルの膨張とその破裂の端緒となったともいえる出来事であるといえますが、その事実は大抵の社会人には常識の範囲であり、本書の記述も目新しいものはありません。

 あるひとつの年が日本の分水嶺たりえたということを興味深い形で示した書に「1940年体制」(野口 悠紀雄 著/東洋経済新報社)がありますが、あの類いを期待すると肩透かしを食うでしょう。

 それでも私は、本書「1985年」をやはり楽しく読んだというのが正直なところです。長い学校生活を経て、いよいよ社会へと足を踏み出す直前のあの頃を振り返り、未熟で不安と焦燥を抱えながらも、将来に何か根拠のない自信と希望をもっていた自分を慕わしく思い返す体験は、やはり悪くはないものでしたから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/07 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/14 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/03 02:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/06 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/11 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/11 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/19 08:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/13 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/07 05:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/15 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/04 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

18 件中 1 件~ 15 件を表示