サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

青の聖騎士伝説 2

青の聖騎士伝説 2 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

やっぱり「シドの聖剣伝説・2」?(勝手にタイトルを変えるな)

2007/05/28 23:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カビタ・オジギリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「あちらの物語」に少なからず影響するモノドモが、その正体をちらつかせています。
いうまでもありませんが「あの連中」と「心の冒険」をなさっている方々にとって、これは知っておきたい話でしょう。
 前巻からすると、ちょっと堅苦しい印象があったんですけども…。
笑いといっても、せいぜい「ランドの軽口」程度しか期待してないでしょう?
マジな話だと思って油断したゼ(ナンでいきなりガラわりぃんだよ?)。
だいたい「シリアスあじ」だったので、まさかあんな「幽霊芸人(?)」が出てくるとは思わなかった…。
 だいぶ煮込まれて、アジがノってきたというところでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/21 16:09

投稿元:ブクログ

そしてフォーチューンクエストに続く。
深沢さんらしいきっちりした、けどどっか気の抜けたファンタジーです。

2011/11/22 13:41

投稿元:ブクログ

図書館所蔵【913.6FU】
第1回ビブリオバトルチャンプ本

シドの剣の伝説の真実が知れる!!
黒魔術を使うグラシェラを倒そうとする者たちの物語。
グレイ・ジェダは、グラシェラを倒すことができるのであろうか!!

2011/12/11 23:41

投稿元:ブクログ

「青の聖騎士伝説」は、シドの剣と闇魔の戦いの歴史だ。闇魔は、人の心にある恐怖を操ることで世界を破滅へ導く、実体を持たないモンスターだ。魔道師グラシェラの身体を乗っ取り、アンデットに変えて長い間、世界中に災いを振りまいてきた。

「シドの章」
FQのクレイは、クレイ・ジュダよりシドに似ているかも。シドにも仲間がいればよかったのに。

「サヴァンの章」
DSの始まる約30年前の、デュアンの魔法の師匠サヴァランがまだ30代だった頃の話。そのころサヴァランは、ザープレム国の王に最も位の高い魔道師として仕えていた。そこに、グラシェラと名乗る魔道師がやってきて…。

「グラシェラの章」
クレイ・ジュダはシドの剣に導かれるようにグラシェラの館にたどり着く。そこで、彼はグラシェダの過去、彼が闇魔に乗っ取られ、操られるようになったいきさつを知ることになる。

クレイ・ジュダは、やっぱりよく分からない。ミステリアスだ。妹が大好きってことは分かったけど。一巻で家族のことを思い出していた時も、半分以上が妹のことだったし、大ピンチの時に、ジェイン(妹)の歌声と笑顔を思い出して力が湧いて切り抜けることができたとか、それなんてシスコン。この頃はまだ「青の聖騎士」とは呼ばれていないみたい。そう呼ばれるきっかけになった青い鎧はこれから手に入れるのかな。DSを読めば分かるかも。
ランドの巨大ブーメランかっこいい。DQでまだレベルが低い頃にブーメランを手に入れると嬉しいんだよね。トラップも本編で使わないかな。

「おまえは特別だ。自分自身、もてあますほどの魔力だ。いずれは、その力を狙う者も出てくるだろう。自分が自分でありたいのなら、心してかかるのだ。決して、自惚れるのではないぞ」
ヴォドがグラシェラに向けた言葉だ。同じ事をデュアンもオパールから言われていた。デュアンがグラシェラみたいな事にならないか心配だ。闇魔が言っていた、グラシェラの代わりになる人間って、まさかデュアンじゃ……。

クレイ・ジュダとランドが戦った僧院って、「シドの章」の戦いの舞台になった場所と同じなのかな。なんかテンション上がる。

それはそうと、FQの謎の行商人の正体がいきなり分かった。グラシェラによって災いの種を蒔いて歩くために作られた、レリウスという名のモンスターだ。
クレイ・ジュダやデュアン・サークが闇魔と戦った約80年後、クレイ・ジュダの曾孫のクレイ・シーモア・アンダーソンは、シドの剣と思われる剣を手にして、レリウスと戦うことになる。

デュアンの子孫っているのかな。

2012/08/07 04:10

投稿元:ブクログ

要となる敵を時と共に追う形での三部構成。

いや、最初はまた視点が変わって移入し直すの大変かなあ・・・と思っていたんですが、そもそもの形が短編集のようなものなので、そこはそんなに苦労しませんでした。

二本目の主人公はデュアン・サークに登場するキャラクターのようですし。私は知りませんでしたが。

サクサク読めます。

本作は耽美な美青年がちょいちょい登場しますね。そしてまあ一瞬だけですが、「な ん だ と(゚∀゚)」なシーンも。
世間のニーズと言うか、女性読者のニーズに応えてるってことなのか。

綺麗なお兄さんは好きですけどね!

全体的にはまあ、深沢先生の作品としては重い方ではありますが、クレイ・ジュダパートからはノリがラノベ調に。登場キャラクターの持つ明るさがあります。

そんなに深く移入して読む感じではありませんが、神話とか英雄伝、おとぎ話を読んだ時のじんわり感があります。ちょっと切ない。

とにかくこれはやはり『フォーチュン・クエスト』『デュアン・サーク』を読んでいてこそ。私もデュアン、再挑戦しようかなあ・・・

しかしクレイ・ジュダ、こんな人だったのかあ。

5 件中 1 件~ 5 件を表示