サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

摩天楼の怪人(創元クライム・クラブ)

摩天楼の怪人 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー38件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (18件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
37 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

先日、娘たちと次女の友人から借りたDVDで映画『オペラ座の怪人』を見たばかりのせいか、どうもね。で、横でこの本のCGを見ていた建築士夫がいうには、いくらアメリカでもこの構造はないだろ、って

2006/01/08 19:08

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あとがきを含めてピッタシ600頁の大作です。クラシックというのも変ですが、落ち着いた色調の装幀はタダモノデハナイと思っていましたら、やはり菊地信義でした。で、本文中に出てくるちょっとパースが効き過ぎてんじゃんないの、と思わせるCGイラストレーションは、あとがきで島田が触れる友田星児です。
得意の脱線をしますが、そのCGの元となっているのが、これまた後書きで著者が触れている安藤忠雄のアイデアです。さわりだけ紹介しておきますと
「『摩天楼の怪人』という物語が、自分のうちではっきりとしたかたちを成したのは、二〇〇三年四月に東京駅ステーションギャラリーで開かれた、「安藤忠雄建築展」の会場においてであった。この展覧会会場からはいくつものインスピレーションを得たが、なかでもマンハッタンのペントハウスのアイデアは抜群で、この計画を表現した模型の前で、三十分も佇んでしまったほどだった。」
だそうです。
主な登場人物ですが、ロイ・ウィンザースプーン教授、コロンビア大学の助教授ミタライ、語り手は若い劇作家のジェイミー・デントン、大女優の盟友。その大女優というのが、舞台女優として全米屈指の、演劇界の宝と称されるジョディ・サリナス。肝臓癌だそうです。彼女の主治医というのがアダム・カリエフスキー医師。
で、彼らが集っているのがニューヨークに建つ1910年製の38階建て高層アパートで、「1969年にあのクリスタル片が突き刺さったのだ」という設定。セントラルパーク・タワー・ビルというこのアールデコ以前のビルを設計したのは三〇そこそこでこのアパートを設計して、すぐに亡くなったオーソン・タルマッジという天才。
建築的な話をしますと、ジョディの住むのはその34階だそうで、41ページにCGが出ていますが彼女の部屋にガラスのボックスが突き刺さった形の改造がなされています。ちなみに、この本のCGのなかでは、この頁のものが最も自然です。で、このテラスの設計者がタダオ・アンドーということになっています。
時代的なズレもあるんですが、やはりアリエネー、って思うのは41ページにCGです。質的にはいいけれど、完全に構造を無視しています。なんたって肝心の柱が抜けています。48頁の平面図を見ると一層はっきりするんですが、外壁側の柱を抜く、しかも最上階でもないのにそれをやる、というのは上下階に手を加えねばならず、まして古い高層建築では不可能だ、と建築士である夫はいいます。
あとがきでは、安藤忠雄がこういった形で彼の案を小説に使うことを認めた云々とありますが、小説の中とはいえ無責任ですね。ま、これは安藤を責めているのではなく、こんないい加減な形で使う島田に対しての意見なんですが。
で、事件はこの摩天楼で起きます。古い高層ビルとはいえ、やはり38階建てともなると危険も考えて窓は換気用の小窓を除いてすべて嵌め殺し、しかも強化ガラス製。で、1921年、一〇月三日、嵐の夜、大停電が起きました。その時、照明だけではなくエレヴェーターも停止したビルの一階で男が殺されました。ジョディは彼を殺したのは自分だ、と告白します。
しかし、彼女自身、三四階にいた自分がどうやって一階のオフィスにいた男を殺したのか、覚えてはいないのです。その謎を解けますか?それがミタライに突きつけられた謎でした。密室状態のビルのなかで頻発する怪死事件、アメリカ芸能界でのトップの座を狙う女たちの争い、そしてジョディを見守る謎の人物ファントム。あとは読んでもらいましょう。
ただし、個人的には後書きの「当『摩天楼の怪人』は、従来に増した内容の濃い仕上がりとなった自負が、今はある」っていいうのは、どうかな?って思います。近年の作品のなかでは最も軽い内容、といっていいでしょう。期待していただけに残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/08 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/18 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/09 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/24 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/07 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/18 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/29 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/13 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/21 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/13 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/04 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/20 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/21 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

37 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。