サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

hontoレビュー

ボクを包む月の光(花とゆめコミックス) 15巻セット(花とゆめコミックス)

ボクを包む月の光(花とゆめコミックス) 15巻セット みんなのレビュー

  • 日渡 早紀 (著)
  • 税込価格:6,95064pt
  • 出版社:白泉社
  • 取扱開始日:2012/06/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 商品タイプ:セット商品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ボクの地球で救われるのは…

2010/11/19 18:31

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:A-1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

それこそ10年以上前に流行った漫画「ぼく地球(タマ)」といえば「ぼくの地球を守って」で、
当時はアニメ化もあり、当時流行の前世あり転生ものだったということもあいまって、
知っている限りでは知名度も人気度も高かったようですが、
個人的には主要メンバーである小学生(転生前があっての主要人物なのですが)倫(りん)くんの性格…というか、
その行動の酷さに引いていまいち入り込めなかったものでした(^^;
(読んだ人は知っている…あの初っぱなのガム事件…最悪です。亜梨子(ありす)みたいにすねて泣き寝入りするだけではおさまりませんよね!(><)その後に知れるエピソードもこれでもかという感じに酷いw)

しかし、近年刊行されている、この子供世代のお話は可愛らしく、
かの「倫くん」はいまいち同情できない性格はそのままに(笑)お父さんになって、
小学生の息子 蓮(れん)くん と、その幼なじみ 日路子(かちこ)ちゃんやお友達が絡んで引き起こす事件や、
そのエピソードにはじめは大人ぶって、やがてあたふたと対処し、
時には嬉し涙を流すことになる、そんな風に報われて幸福になれる姿に
こちらも思わず涙腺が緩むようなお話の数々です。
特に猫のヒァーのお話はもう…(ノT)

一つの題名で連載しているようですが、エピソードというか事件はその時々に終わり、
次のお話に繋がっていく…という形式です。

読んで思わず幸せになれる様な物語なのは、前回が中学生が主要な主人公であり、今回が小学生の主人公であるという差もあるのでしょうか?w

とはいいながら、今回も、倫の前世の(月基地の住人)である「イケメン守護天使」ことシ-オンや、亜梨子の前世である「美女守護天使」ことモク-レンが、圧倒的な存在感でもって登場し、相乗効果的に事件に関わっていったりします。
まるで、ようやく全てを浄化する物語なのか?とさえ思わせる展開には、この作者さんのストーリーテリングと伏線の深さに思わず拍手w

この作品を読んで、前回の作品(ぼく球)を読む気になってみたら、あらためて当時厳しかった内容も深く読めて改めて見直しました。
でも、やっぱり酷いヤツでしたけど…。
アンファンテリブルでもあり…(^^;

思えば「記憶鮮明」という「記憶」にまつわるシリーズから、このお話があったわけで…続いてるのかなこのシリーズ?

確か、その前には「アクマくんシリーズ」という、シリーズ名のわりにほのぼのしたそれで居てストーリー的にも心理的にも深いファンタジーを描いていたのですが、エキセントリックな性格が追求対照なのでしょうか?
まあSFやファンタジー自体がエキセントリックなお話なわけなんですけどw

ともかく、その間の物語や(倫くんの成長過程の小エピソード)、最新刊では、前回呼称「M」こと 未来路(みくろ)を かちこちゃん のためにも、とある組織から救おうと画策していたり…。

とにかく読ませる人だなあ…と、注目です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示