サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

戦場の名言 指揮官たちの決断

戦場の名言 指揮官たちの決断 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

名言よりその人の人となりのほうが、気になります。

2006/11/04 18:12

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ナポレオンあたりから、昨今の現代戦までの軍人の戦場での名言を集めて、そのひととなり、や発言時の状況を紹介したものです。
 階級は、将校より上でみんな(軍隊内では)えらい人ばかりです。
基本的には、有名な人の有名な発言が多いです。
 戦場とは、古今から過酷な場所で、正に命のやり取りが行われるところです。
命令と称して「死ね」とまでは、いかないまでもその一歩手前のことを
命令しなければいけないときも多々あります。
こんな論理で文章がかけるのも、書いているここが平和だからです。
こんな論理が一切まかり通らないのが、戦争と戦場なのです。
 司馬さんが、自分はよく戦争を書くのが好きだと、批判されると言っていました。
その後、よく司馬さんが付け加えていたのが、戦争では、その民族や国家、個人、人となりが、一番ヴィヴィッドに出るから、ついつい書いてしまう、と言い訳してました。
 正にそういう意味でもこの戦場での言葉は、重要かもしれません。
 本書で紹介されているのは、過酷な状況での発言なので、
どれも、勇ましい言葉ばかりです。
(優しさに満ちた言葉もありますが)
 勇ましい正論ばかりで、逆にその言葉より、その人の人となりのほうが、気になり読んでいて、あれこ人どんな言葉を言った人だっけとか、思い章頭に戻ったりしてました。
 その言葉を言った時だけ、えらく立派で、後は、どちからというと、批判にさらされている人や、風評で、戦争裁判で公判が不利に働いた人。それほど知られていないけれど、戦争裁判の後も部下をかばい滅私的な行為を貫いた人。
 言葉より、その人の生き様の方にどうしても注目してしまいます。
 というのも、勿論こうやって、歴史として言葉を検証するのも重要なことですが、
言葉とは、不思議なもので、その言葉がどこまでも語り継がれたりして物凄い影響を見せたかと、思えば、言葉ほど軽いものはありません。
 ”言うだけなら、誰でも出来る”だからです。
又、言葉で騙すことことも、簡単に出来ます、そういうことをどちらかというと、命令を受ける側(この本は、命令をする側の人の名言です)の私たちは、人間的本能で、感じているからこそ、発言より、本文のその人となりのほうに
注目してしまったのかもしれません。
 しかし、こうやって、人間の歴史の悪の部分の戦争での発言を
歴史として検証するこは、重要なことです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/05 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/04 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示