サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

シュミじゃないんだ

シュミじゃないんだ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー101件

みんなの評価3.9

評価内訳

98 件中 1 件~ 15 件を表示

2006/12/04 20:51

投稿元:ブクログ

三浦、BLに愛を注いでいます。この人のエッセイに外れなし!!
しかし、「BLってナニ?」って人は読まないように。三浦が何でこんなにテンション高いのかが理解できないと思うので。。。

2008/07/02 09:54

投稿元:ブクログ

ボーイズラブとテーマは限定されているものの、妄想の炸裂振り、自己分析の面白さは変わらず。楽しいエッセイ。

2006/10/31 01:10

投稿元:ブクログ

 おんもしろ〜い!!!家族の突き刺さるような視線を全身に感じつつ、ゲラゲラ笑い転げながら読書しました。しをんちゃんのBL漫画への迸る愛・愛・愛をひしひしと感じて、読んでるこちらの血中腐女子濃度もめきめきと上昇&血がたぎってきます(笑)。なんたって第1話のテーマからして、リバーシブル(爆)で「成層圏の灯」シリーズですよっ!(爆)これ読んで、熱くならんでどうするの?って感じですう。てへへ。 しをんちゃんのスゴイところは、単にテーマに即した作品を「こんな素敵な作品があるんですよ」と紹介するだけでなく、作品のエッセンスを余すところなく汲み取って、的確な言葉で表現し、こちらに伝えてくれるところ。漠然と「いいな」と思っていた作品の魅力について、深く的確にそして熱く語ってくれるので、今さらのように作品の魅力について開眼した作品がいくつもありましたよ。優秀この上ない、鑑賞ガイドですね。 そうそう「シュミじゃないんだ」(タイトルの意味については本文参照のこと)と公言するだけあって、すんご〜〜くよく読み込んでますねえ!全部でテーマごとに18章収録されているんですが、紹介されている作品のうち、私ったら半分も読んでないかも(汗)。基本図書なのに(汗)。精進せねば!(良質なBL漫画のブックガイドである本書。テーマごとに漫画家とその作品が紹介されていて、おまけの加筆部分で現時点での最新情報まで付け加えられてるので、つい財布の紐を緩めて、散財してしまいそうになる…危ない危ない。しっかも、新書館から出てる雑誌での連載だったのに、さほど新書館から出てるコミックス&作家を紹介していないとは!潔いぞ、しをんちゃん!巻末に索引がついてるのもいいですね、使えますね。コピーしたのを握りしめて、古本&新刊書店を回ってしまいそうだ/笑) もし人から「なんでBL漫画を読むの?」と訊かれたら、そっとこのエッセイ集を差し出したい(笑)。読まないでBL漫画を毛嫌いしている人にも、「まあ、これを読んでみて」ぜひススメたい1冊です。 しをんちゃんのエッセイに、可愛らしい漫画を沿えていたあとり硅子さんの大ファンだったので、彼女の作品が今こうして読めるのが、ものすごく嬉しいです(15章以降あとりさんのマンガがなく、つい落涙…)。 巻末にはお楽しみもあって、、、、、、無言。紹介した作品のいいとこだけ寄せ集めて書いた感があって、イマイチだわあ(汗)。 (2006.10.31読了)

2007/01/08 21:39

投稿元:ブクログ

三浦しをん。ということで、、、買ってしまった。濃い。濃い。濃い。。。濃い・・・。私、BL未体験者です。この思いの強さにはちょっとついていけない。でも、まぁいつもどおり、三浦しをんの文章の面白さは感じます。だけどBLに傾いてない小説も、書いてください…

2006/11/21 02:27

投稿元:ブクログ

三浦しをんなら断然小説よりエッセイ!と思うわたし。これはもー、バカすぎて素晴らしい。BL耐性が多少なりともある方でおちゃらけたノリのエッセイが好きならオススメ。わたしは自分ではBL読まないですが(バイトで売ったり仕入れたりはしてますけど)、面白かったですよ。とりあえずこれの第一回目を読んでから「まほろ駅前〜」を読もう。いろんな意味でニヤニヤ笑いが止まらなくなります。人の作品で……な彼女が、自分で書くとああなるのか〜と。

2007/03/20 18:39

投稿元:ブクログ

三浦しをんさんによる、ボーイズラブ漫画についてのエッセイ。ですが、ボーイズラブに抵抗があっても、なかなか楽しく読めます。ボーイズラブって何?という人向けな感じ。知らない世界の片隅が覗けました‥。(笑)

2007/08/17 22:44

投稿元:ブクログ

彼女の趣味であるBLコミックに関してのエッセイ。
読みやすい。
エッセイで読みにくかったら無理だよなぁ・・・
で、BL漫画とか読む私でも知らない作家さんが多く登場。
これを機に挑戦するかの〜。

2007/01/15 16:58

投稿元:ブクログ

BL小説と漫画をお薦めしているしをんさんのエッセイ。BL系の本は読んだことないのですがとても楽しめる一冊でした。

2007/02/11 22:25

投稿元:ブクログ

BLってよく聞くけど、何?

そんな方にもよく分かる?三浦さんのBL本の紹介本です。
巻末の書き下ろしBL小説はとてもよい親父受けです。

2006/12/14 10:52

投稿元:ブクログ

三浦しをん、すげー。ここまで明け透けにボラについて語れる彼女を尊敬する。読んでてこんなに楽しいと感じたのは、私も同じ側に立つ人間だからなのだろうか。

2008/01/18 13:30

投稿元:ブクログ

2008.01.11. シュミじゃない=生活の、生きる意味の一部なんだ!というしをんちゃんの暑苦しい雄叫びが、読んでる間中聞こえてきそうだった。ボーイズ・ラブというジャンルに、別に興味津々だったわけじゃないけど、この本を読み終わったら、絶対に興味津々になること間違いなし。「春を抱いていた」読みたいよー!とか、いつもと違う脳内ホルモンが噴出してくる。しをんちゃんに感染してしまうぞよ。やっぱり彼女のエッセイ(?)は力強くて抱腹絶倒。

2006/11/29 13:22

投稿元:ブクログ

語りつくせぬ愛(ボーイズラブへの)を無理矢理詰め込んだ1冊。(読むと1冊に収まるわきゃーない!とわかりますの)素人ならつい愛に任せて自分の想いにのみ偏った文章になりがちだがそこはさすが作家さん、オチにふれずに作品の素晴らしさをこちらに伝えてくれる。ボーイズラブについてはもちろんだが漫画の今昔、男女の見方の違いなどにも触れられてておもしろい。

2006/12/28 11:01

投稿元:ブクログ

結構作者と好みが合うかも…と思うのですが、オヤジというところで決定的に合わなかった(笑)「月魚」を読んだ段階で、この方が本気でぼら(この略し方は…)を書いたらどうなるんだろう、と思っていましたが、オヤジというか初老か…!まあおまけはともかく、もはや趣味を超え、生きると同義のBL読書に熱すぎる想いを吐き出す作者のエッセイは同じ穴のムジナには面白すぎです。

2006/11/05 21:04

投稿元:ブクログ

・・・・・・。ボラ(ボーイズラブの略)への攻略本と言ってもいいような・・。あたしは、今までボラを買ったことはないのですが(昔、友達に無理やり貸せられて読んだけど気持ち悪くなったから)大好きなしをんがそこまでいいというならば・・・・・・。ちょっと考えてしまうが、食わず嫌いはよくないもんね。うーんうーん。悩むわ。でもこの本読んで久しぶりに「ここはグリーンウッド」を思い出し、ついつい古本屋に走ってしまったわ。

2006/12/11 22:59

投稿元:ブクログ

「趣味」じゃないんだ。私にとって、漫画を読むというのは、すでに「生きる」というのと同義語だ!
直木賞作家の筆力で、畳み込み叩き込み丸め込む、愛の評論集。

98 件中 1 件~ 15 件を表示