サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

二四〇九階の彼女(電撃文庫)

二四〇九階の彼女 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

〇へ向かう物語

2007/01/15 23:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:放浪紳士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

塔で交わされたある約束のため、塔を下り続ける少年サドリの物語。
一話完結の短編スタイルのお話。
主人公は二四〇九階の女性と交わした約束のため、海を見るために塔の最下層まで向かうというお話。
だが、どうにも読了後の印象は『キノの旅』の二番煎じのような印象しか取れなかった。
数多の世界を旅するというストーリーで人気を博した『キノの旅』と、数多の階を降りていくというストーリーの本作。
物語としては両者ともありがち、というか一種の王道的なモノであると思うので盗作ではない。
しかし同じ電撃文庫の『キノの旅』があまりにも有名であるが故に、本作の独創性が感じられなかった。
それでも決して面白くないわけではない。
『戦争を繰り返す』階や『閉鎖された』階、『記録し続ける』階。バラエティに富んだ階層が物語を彩ってくれるので、前述の『キノの旅』テイストの物語が好きな人ならばきっと楽しめるはず。
神のような存在であるアントロポシュカによる狂った世界を、ただひたすらに約束のため進み続けるサドリの物語の続きが気になる。
ただ残念だったのは、『九〇〇階のカエルの国』か。劇中でサドリと共に旅をするカエルなのだが、
「女だったのかー!」
というオチをつけられても正直、カエルに対する話が第一巻ではほとんど語られていないので「ふーん」としか思えない。
この類の話を出すならば、もっと深くキャラクターの印象を読者に与えてからにするべきだ、と思ったのは私だけか…?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/01 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/24 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/06 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/08 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/13 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/11 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。