サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

破局にいたる過程

2011/01/27 21:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

第十巻、「囚われの女」の続き。引き続き語り手とアルベルチーヌ、そしてシャルリュス男爵とモレルとの関係の危機が描かれる。危機、というよりは破局にいたる過程がこの巻になっていて、モレルとシャルリュス男爵の破局をもたらす、ヴェルデュラン邸での事件はかなり読ませる。ヴェルデュラン夫人の思惑と、モレルの誤解、そして何も知らないシャルリュス男爵が絶句する流れはこの巻でも特に盛り上がる部分だろう。

同時に、語り手とアルベルチーヌとの間でも、前巻から続く嘘と本当の話のからまりが、ついに巻末でアルベルチーヌの失踪、という結末を迎える。読んでいると、ついに、というよりようやくか、という感慨を抱いてしまうようなグダグダの関係も、やっと新しい展開に入ることになるだろうか。

面白いのは、ヴァントゥイユの残した傑作だという七重奏曲を語り手が聴きながら、ヴァントゥイユのこれまでの作品がこの七重奏曲に至るまでの叩き台だったように、自分のこれまでの恋愛もアルベルチーヌとのそれを準備するものだった、といっているところで、ここでこれまで辿ってきたさまざまな来歴を音楽の感動のなかで再構成しているところだろうか。とはいっても、そのすべての恋愛の極点のアルベルチーヌは逃げ去ってしまうのだけれども。

次巻、「逃げ去る女」を越えると最終巻となる。語り手、シャルリュス男爵の破局という関係の転換を迎えつつ、終わりに近づいてきた。

全巻まとめ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/10 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/21 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示