サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

hontoレビュー

歪んだ正義 特捜検察の語られざる真相(角川文庫)

歪んだ正義 特捜検察の語られざる真相 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

検察が抱える問題点~裁判員となる前に一読しておいて損はない。

2009/04/10 22:05

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dimple - この投稿者のレビュー一覧を見る

『歪んだ正義 特捜検察の語られざる真相』(宮本雅史、角川学芸出版、2007年)を読了した。産経新聞社・社会部編集委員による著書である。

本書は、東京地検特捜部の抱える問題点として、主に、(a)検察が作り上げたストーリーに基づいた供述調書の録取、(b)マスコミ世論との関係、(c)政界との関係を挙げる。

そして、これらの問題点が浮かび上がった事件として、造船疑獄事件(1954年)、ロッキード事件(1976年)、東京佐川急便事件(1992年)を取り上げる。

本書の全体を通して描かれているのは、マスコミを通して世間の耳目を集める疑惑について、検察が「一罰百戎」の如く特定の犯罪を捜査し、起訴に持ち込む過程での検察の恣意性である。

つまり、世間にアピールできる「一罰」とするために、地検特捜部は、事件のストーリーを作り上げてマスコミにリークし、そのストーリーに沿った(往々にして事実に反する)供述調書に署名するよう被疑者に強要することが繰り返されて来たのである。

このあたりの事情は、近年他の事件での疑義者となった人たちによる著書で数多く言及されている。例えば、細野祐二『公認会計士VS特捜検察』、佐藤優『国家の罠』、鈴木宗男『汚名』、堀江貴文『徹底抗戦』などである。

裁判員制度がスタートし、今後は国民の誰もが裁判員として刑事裁判に加わることになるのであるから、従来の検察制度の問題点を把握しておく必要があると思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/28 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/19 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示