サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

かにこちゃん

かにこちゃん みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

2008/08/17 21:53

投稿元:ブクログ

堀内誠一さんの絵がのほほんとしています。
なぜ 今頃と後ろのところを読んでみると
1967年刊行
「からーぶっくふろーらかにこちゃん」を
加筆・修正したものです。
結構古いよね ぐるんぱと同じくらいかな

2008/07/05 15:43

投稿元:ブクログ

かにのかにこちゃん。

しゃぷしゃぷ ぴしゃぴしゃ
かにこちゃんは うみが だいすき

シンプルで、かわいい絵。楽しい擬音。
1967年に出版された絵本の復刻版です。

2012/02/24 12:46

投稿元:ブクログ

浜辺に住む、かにこちゃん。
おひさまがのぼり、波が打ち寄せ、砂の山をのぼります。
砂山の上から見る海は、日没の燃えるような赤。
おひさまが沈んだら、かにこちゃんとさようなら。
あしたのあさ、またね。

シンプルな文と、大胆なイラストが
小さな子はもちろん、大人にも響きます。

2010/01/30 21:50

投稿元:ブクログ

主人公の蟹のカニコちゃんを先頭に朝焼けの海に始まって、波が激しい海辺や砂山を進む蟹達。夕焼けの中、お休みなさい。色彩豊かな海の色の変化が綺麗です。

2010/06/07 22:10

投稿元:ブクログ

「おはよう おひさま おはよう みんな おはよう かにこちゃん」
とってもシンプルで単純な絵本ですがきちんと起承転結に分かれ、
盛り上がりがちゃんとできるので、お話がはっきりしますね。

おはようで始まって
うみで遊ぶかにこちゃん
やまをすこすこのぼっていくと

こちんとぶつかってにらめっこ

(ここで、テンポがとぎれて「あれ?」って思います。)

そこからみた海は夕焼け

おひさまが もえて いるのかな
うみが もえて いるのかな
そらが もえて いるのかな

(ここが一番の盛り上がり。見開きで真っ赤でインパクトが強いです。
 ここにおかれた↑の言葉も素敵ですよね。)

そして、

さよーなら おひさま
さよーなら かにこちゃん
あしたの あさ またね


なんだか、わくわくそしてほっとする絵本です。

ーーーー

written by ごじゃるde142(@gojarude142)

2010/09/10 14:14

投稿元:ブクログ

公文に行った時にいただいた絵本です。色が鮮やかで印象が強く残りました。一日楽しく過ごそうね~というメッセージが子供によく伝わりました。

2013/03/13 23:27

投稿元:ブクログ

蟹のかにこちゃん(たち?)が朝、砂浜に出て来て、歩いて、夜に帰る。側には海、その夕焼けに染まる色の美しいこと・・・!かにこちゃん(たち?)の歩きは、すこすこすこ、これがなんだかいい。全く古びない、むしろ新しく感じる魅力、すごい!

2013/10/04 12:36

投稿元:ブクログ

テンポが気に入ったのか…読んでる間は、終始楽しそうにしていた。
擬音語がいっぱい入ってるから、それに合わせてコチョコチョしたりすると、喜び度MAXだった。

2016/05/18 14:02

投稿元:ブクログ

1967年に世界出版社から刊行された本の復刊ときいてびっくり。まるで今のイラストみたいですよね。
海辺であそぶかにこちゃん。朝から晩まで、あしたもその次も、みんなで遊ぶんだ!すこすこすこすこ(かにこちゃんがあるくときの音)。擬音が楽しいです。
しゃぷしゃぷ ぴしゃぴしゃ どどどど ざぶーん すこすこすこすこ…

2016/05/11 15:07

投稿元:ブクログ

岸田衿子さんは多くの作品を遺されていますが、絵を担当する画家さんが作品によって色々なので、表紙などパッと見では岸田作品とは気づかず、よく見たらあれもこれも岸田さん!ということが多い印象。この作品も、『ぐるんぱのようちえん』の堀内誠一氏の絵か…と思って手に取ったところ、岸田作品だった!という一冊です。
海辺に住むかにこちゃんが、すこすこ…と歩き回って過ごす一日の物語。かわいらしいかにこちゃんとカニたちを包み込む、マチスを思わせる色鮮やかで大胆な線で描かれた海や空の美しさが印象的で、大自然の大きさと小さな生き物の愛らしさを感じます。
言葉のリズムが楽しいかな?と1歳なりたての息子に買ってみましたが、当初は反応いまいち。やがて、「おはよう」「おやすみ」に唱和するようになり、「海」が分かるようになり、かにこちゃんと他のカニを見分けられるようになり、2歳になった今は時折思い出したように「かにこちゃんよんで」とこの本を持ってきます。お気に入り、というほどではないようですが、ちょっと気になる本、という感じかな。もう少し大きくなって、描かれる海の様子の変化や、夕日に燃える空と海の色彩の迫力に気づけるようになったら、また違う反応も見られるかな?とひそかに期待しています。

10 件中 1 件~ 10 件を表示