サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 黙の部屋
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

黙の部屋(文春文庫)

黙の部屋 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

魅せられるということ

2008/07/29 20:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幻の画家、石田黙をめぐるミステリー。
 
 美術雑誌の編集長である主人公は、ある偶然から石田黙の絵を手に入れる。黒い、不思議な石田黙の絵に魅せられ、集めていく過程で、彼は謎の事件に巻き込まれていく。

 絵画のオークションや、美術界の話などが珍しいのと、本の中に多数入っている石田黙の絵画が強烈なので、妙に納得させられるが、推理小説のトリックとしてはなんだかなぁという感じ。
 が、これはトリックをめでる作品ではない。
 というより、ストーリーさえどうでもいいように思えてくる。

 そう、石田黙の絵にはそんなパワーがあるのだ。
 本書は、石田黙に魅せられた折原一が、石田黙の絵を表にだすため、それだけのために書かれた、そういっても過言ではない気がする。
 それは、決して悪い意味ではない。
 偉大な芸術の前に、人はそれをまた別の形に昇華しようとするものだ。
 ピアニスト加古隆は、パウロ・クレーの絵に感銘をうけ「いにしえの響き-パウル・クレーの絵のように」というCDを出している。
 折原一は小説家だから、小説を書いた。多分、それだけのことなのだろう。

 物語は、暗い情念を表現しているような石田黙の絵にふさわしいような展開ではあるが、奥底には石田黙の絵の中の「白」のような清らかさがある。
 そして、それが折原一の石田黙への憧憬なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/31 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/08 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/30 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/15 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/19 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/13 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示