サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

hontoレビュー

街道をゆく 新装版 10 羽州街道、佐渡のみち(朝日文庫)

街道をゆく 新装版 10 羽州街道、佐渡のみち みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

羽州街道、佐渡とも深い歴史が軽やかに語られる

2016/02/08 10:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大阪の北国ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

羽州街道は、須田画伯の語る『おくのほそ道』の尿前越譚からいきなり漫才のような始まり方をするのが楽しい。画伯の博識はこのあと、立石寺から紅花談義にかけての道中にも展開されるが、著者による歴史説明が弥次喜多道中記を読むような肩の凝らないストーリーとして進んでいき、読者を飽きさせない。最上川流域の風景、芋煮や上杉景勝・直江兼続、後の上杉鷹山の人物譚などもエピソードとして登場し、現代にまで影響を与え、存続している土地の風習や建物の構造をはじめとした民俗性と絡めて考察されていくが、地図と画像でしかその土地を知らない私には大変面白く読めた。但し残念ながら、今回は「運転手さん」には余り重要な役割は与えられていない。
佐渡は私には北海道や欧州への旅路において、上空から見ることのみの土地ではあったが、海流や航路の関係から暖地性で上方の風習もよく残っているとのことで一気に身近に感じられる存在になった。地元の歴史研究家のご活躍により、文献上「粛慎」まで遡る古代日本海文化圏のエピソードや島内に点在する都の貴人の足跡などもよく研究されていることが伺え、興味深かった。圧巻だったのは、有能かつ篤実な人柄で相川町奉行にまで抜擢された辻藤左ヱ門が、無能な上に役職に胡坐をかいている悪官吏の妬み・嫉みによって讒言され、「正義」を貫いた一族や匿った僧たちとともに滅亡していく姿を描いたシーンで、現代にも通じる「私腹を肥やす悪官吏像」が悲しかった。また、最後に遠島された罪人が自由に暮らしている一方、戸籍のない「無宿人」が水替人足としてこの世の地獄を経験させられ死んでいく様子にまで触れられている。三代将軍徳川家光の頃の江戸時代の煌びやかさを支えた金の産地がここだったとすると、脳天気に日光観光をしていた自分の無智を恥じるばかりである。本編ではこのあたりの悲惨さは敢えてサラッとしか触れられていない感じがしたので、更なる知識習得に向け磯部欣三氏の『佐渡金山』を読みはじめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/15 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/11 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/25 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示