サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

hontoレビュー

論語と算盤(角川ソフィア文庫)

論語と算盤 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.2

評価内訳

44 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

渋沢栄一氏が語る経営のバイブルです!

2018/09/04 08:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、日本の実業界の父とも異名をとる渋沢栄一氏による経営について書かれた書です。特に、本書は孔子の教えに従って商売をするということに焦点を当て、商売の哲学、考え方、行動の仕方などが丁寧に解説されています。如何にして、商売と社会貢献との均衡をとるのか。ここには、将来の若者たちに教示すべき思想が詰まっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

論語と算盤

2015/11/06 22:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営者としての考え方が学べ経営を行うための必要なことが吸収できた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

明治・大正という時代に生きた人々の精神

2017/12/20 14:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

近代日本の興業の祖、希代の銀行家である渋沢栄一の思想が明確に分かる一冊。論語を引き合いに出しながら経済・経営を語るその姿勢は、明治・大正という時代に生きた人々の精神に触れる心地がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

現代にも通じる教え

2016/11/03 22:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

渋沢のメッセージ。一つ一つが身にしみる。

時期の到来を気長に待つということも処世には必要。

何事も平素心して良習慣を養うことは、人として世に処する上に
大切なこと。

常に学問を進めて時代に遅れぬ人でったならば、私はいつまでも
精神に老衰ということはなかろうと思う。

現代語訳されていること、各章の大切なポイントがまとめられて
ていることで大変読みやすくなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今も昔も、人間のやること考えることの根本は変わっていない。

2010/05/25 09:25

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実業界の父といわれる渋沢栄一の談話をまとめたものであるが、なかなか現代にあてはめても、チクリともドキリともする苦言が並んでいる。
 明治維新後、欧米の先進科学を競って導入し、東洋の美点を忘れ去っているところを指摘しているが、それは現代ニッポンにおいても変わりない。技術の伝承が必要と言いながらリストラ名目で技術者を国外に追い出し、世界に技術を求める日本。西洋功利主義の弊害について早くから渋沢栄一が警鐘を鳴らしていたことに驚く。
 民間の人間が功績を残しても顕彰はなく、官においては些少の実績が顕彰されるという不公平を渋沢栄一は指摘するが、同時に官の犯罪に対しては甘く、民間の犯罪に対しては異常に厳しいことに疑問を呈している。この箇所を読んだ時、政府与党の代表、内閣の責任者が法の裁きの対象になっているにも関わらず、のらりくらりと言葉を翻して逃げまくる様を思い出した。
 また、渋沢栄一の指摘は実業、政治、官僚のモラルだけにとどまらず、日本人全体の国民性にも及んでいる。「日本人は細事にもたちまち激する。しかしてまた、ただちに忘れる」が、これは世界に対して誇れる国民の姿ではないとも。
 
 歴史は繰り返すというが、明治維新という革命の後、国家国民がどのように動いて行ったかを振り返る参考になる。
 ただ、残念なのは渋沢栄一が語る論語に対しての解釈は付せられているが、贈収賄事件や日米間の問題についての注釈が無いために、渋沢栄一が具体的に何に対して意見を述べたかが判断しづらい。せめて、巻末に渋沢栄一の生きた時代の年表がついていれば内容が濃くなったのではと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/24 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 08:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/25 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/01 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/31 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/26 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/24 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/06 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/08 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/19 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

44 件中 1 件~ 15 件を表示