サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

意味がなければスイングはない(文春文庫)

意味がなければスイングはない みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.9

評価内訳

50 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

読後、たまらく音楽が愛おしくなるエッセイ

2009/06/02 20:35

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 雑誌「ステレオサウンド」に連載されていたものをまとめた、音楽エッセイ。 
 クラッシックから、ジャズ、ロックと多岐にわたっているのがまず魅力的。

 村上春樹のエッセイの魅力は、なんといっても主観のゆるぎなさだと思う。どういうジャンルのどういう音楽でも、彼はまず受け入れる。それから、これは自分に合うとか、合わないとかを、判断していく。と書くと、当たり前のことのようだけど、世界にあふれる情報に惑わされることなくその判断をするって、とても難しいことだと思うよ。

 また、ここにあげているものが基本的に村上春樹の好きな音楽という前提もあるのだろうけれど、その文章もすごく優しい。ミュージシャンの中には、そういう時代性もあったのだろうけれど、破滅的な生活をして人間的には全くダメな人もいる。
 そんなミュージシャンに対しても、春樹の視点は常に水平を保っている。
 ゲイであると公表していたというプーランクにたいしても、単にそういう事実がありました、的は書き方をしている。

 彼らが作り出した音楽の前に、その人間がどういうものであろうと、それは些細なことでしかないのだ。
 
 これはこれ、あれはあれと、きちんと割り切れることが春樹の強さだと常々思っていた。
 そして、これを読んで、そのことの揺るぎなさがうれしかった。

 また、読後、すごく音楽を聴きたくなった。本にあげられていたミュージシャンや作曲家はもちろん、とにかくいい音楽が聴きたいと思った。
 音楽エッセイとして、それが最上のことであることは間違いないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/05 07:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/08 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/28 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/24 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/08 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/29 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/29 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/19 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/10 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/04 07:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/21 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/02 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

50 件中 1 件~ 15 件を表示