サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

hontoレビュー

新クロサギ 1 戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス)(ビッグコミックス)

新クロサギ 1 戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2008/12/27 23:32

仕切り直し

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新しい読者を意識して、盛り上がりを期待させる構成になっています。ただ、印象で言うならば、これまでは比較的規模が大きく、法律のギリギリを渡る様な、知的犯罪としての詐欺を多く扱ってきた気がするのですが、今回に限って言うと、シロサギの行動は粗野で稚拙なものが多い気がします。なので、黒崎の儲けもかなり控えめ。今後どのように展開していくかはわかりませんが、ほんの少し、体制批判というか制度批判的なことも加味していくのかもしれません。
 二重詐欺、運送詐欺、必勝法詐欺、当選詐欺(前篇)を収録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2009/03/22 13:01

新キャラクター登場!その立場は?

投稿者:ダブルディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「クロサギ」が連載されていた
ヤングサンデー誌が、休刊となり、
ビッグコミックスピリッツ誌に、
連載誌が移籍したことにより、タイトルが
「新クロサギ」となった。
 「クロサギ」のときは、一連の話が、
単行本をまたがることはなかったが、
この1巻においては、ヤングサンデー誌で
連載されていた話が、収録されていたりと
ゴタゴタした関係で、次巻とまたがっている
話がある。
 「新クロサギ」としての最初の話であり、
本巻の表題作でもあるのが、「二重詐欺」。
 振り込め詐欺を組み合わせた詐欺である。
 連載誌移籍後最初の話ということもあり、
「クロサギ」を読んでいない読者を
想定して、いま最も知られた詐欺を
扱ったのだろう。
 この話の特徴は、“クロサギ”黒崎が、
フィクサー桂木から依頼されて
その“シロサギ”をターゲットにしたのでは、
ない点である。
 この話は、「クロサギ」に描かれている
黒崎が、“クロサギ”になった理由や
桂木との複雑な関係を思わずには
いられない展開となっている。
 それ以外の話においても、「クロサギ」の
主要キャラクターの登場のさせ方が、上手い。
 まず、「運送詐欺」における吉川氷柱(つらら)。
 「クロサギ」の書評で何度も書いてきたが、
黒崎と(たぶん)同い年で、黒崎が大家の
アパートに住む検事志望の大学生。そして、
黒崎の正体を知っている。
 今回、その氷柱がらみで、新キャラクターが、
登場する。
 氷柱の通う大学の助教で、司法試験に
合格している。名前は鷹宮。
 今後どのようなかたちで登場するのか
注目である。
 それから、「必勝法詐欺」における
神志名と桃山。
 黒崎が、“クロサギ”の拠点としている
地域を管轄する上野東署の知能犯係の
刑事である。
 神志名に関しても「クロサギ」の
書評において、何度も書いてきたが、
詐欺がらみで出生の秘密があり、
詐欺を刑事の仕事として以上に、
憎んでいる。
 そして、肩書きは、よくある設定の
キャリアである。
 神志名は、黒崎の絡んだ詐欺事件を
きっかけにして、黒崎を目の敵にしている。
 一方桃山は、黒崎が“クロサギ”になる
きっかけとなった事件に、刑事として
関わっている。
 そして、現在の黒崎に対して、
同情している面がある。
 この話においては、神志名と桃山の
会話が、何といっても読ませる。
 「クロサギ」同様、「新クロサギ」にも
詐欺の世界を徹底的に描くことを
期待する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

仕切り直し

2008/12/27 23:32

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新しい読者を意識して、盛り上がりを期待させる構成になっています。ただ、印象で言うならば、これまでは比較的規模が大きく、法律のギリギリを渡る様な、知的犯罪としての詐欺を多く扱ってきた気がするのですが、今回に限って言うと、シロサギの行動は粗野で稚拙なものが多い気がします。なので、黒崎の儲けもかなり控えめ。今後どのように展開していくかはわかりませんが、ほんの少し、体制批判というか制度批判的なことも加味していくのかもしれません。
 二重詐欺、運送詐欺、必勝法詐欺、当選詐欺(前篇)を収録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新クロサギ1

2016/12/09 23:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

オレオレサギ。
いわゆる振り込め詐欺ですが、サギの手口が二十三重になっているとは!
携帯電話に繋がらない手口なんて、面白いマンガ読みながら勉強になります!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新キャラクター登場!その立場は?

2009/03/22 13:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダブルディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「クロサギ」が連載されていた
ヤングサンデー誌が、休刊となり、
ビッグコミックスピリッツ誌に、
連載誌が移籍したことにより、タイトルが
「新クロサギ」となった。
 「クロサギ」のときは、一連の話が、
単行本をまたがることはなかったが、
この1巻においては、ヤングサンデー誌で
連載されていた話が、収録されていたりと
ゴタゴタした関係で、次巻とまたがっている
話がある。
 「新クロサギ」としての最初の話であり、
本巻の表題作でもあるのが、「二重詐欺」。
 振り込め詐欺を組み合わせた詐欺である。
 連載誌移籍後最初の話ということもあり、
「クロサギ」を読んでいない読者を
想定して、いま最も知られた詐欺を
扱ったのだろう。
 この話の特徴は、“クロサギ”黒崎が、
フィクサー桂木から依頼されて
その“シロサギ”をターゲットにしたのでは、
ない点である。
 この話は、「クロサギ」に描かれている
黒崎が、“クロサギ”になった理由や
桂木との複雑な関係を思わずには
いられない展開となっている。
 それ以外の話においても、「クロサギ」の
主要キャラクターの登場のさせ方が、上手い。
 まず、「運送詐欺」における吉川氷柱(つらら)。
 「クロサギ」の書評で何度も書いてきたが、
黒崎と(たぶん)同い年で、黒崎が大家の
アパートに住む検事志望の大学生。そして、
黒崎の正体を知っている。
 今回、その氷柱がらみで、新キャラクターが、
登場する。
 氷柱の通う大学の助教で、司法試験に
合格している。名前は鷹宮。
 今後どのようなかたちで登場するのか
注目である。
 それから、「必勝法詐欺」における
神志名と桃山。
 黒崎が、“クロサギ”の拠点としている
地域を管轄する上野東署の知能犯係の
刑事である。
 神志名に関しても「クロサギ」の
書評において、何度も書いてきたが、
詐欺がらみで出生の秘密があり、
詐欺を刑事の仕事として以上に、
憎んでいる。
 そして、肩書きは、よくある設定の
キャリアである。
 神志名は、黒崎の絡んだ詐欺事件を
きっかけにして、黒崎を目の敵にしている。
 一方桃山は、黒崎が“クロサギ”になる
きっかけとなった事件に、刑事として
関わっている。
 そして、現在の黒崎に対して、
同情している面がある。
 この話においては、神志名と桃山の
会話が、何といっても読ませる。
 「クロサギ」同様、「新クロサギ」にも
詐欺の世界を徹底的に描くことを
期待する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/28 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/12 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/18 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/17 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/13 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/11 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/24 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/13 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

12 件中 1 件~ 12 件を表示