サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

COCOはとびきりかわったコ

COCOはとびきりかわったコ みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

俺服。

2008/12/30 18:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Living Yellow - この投稿者のレビュー一覧を見る

 はじめて、親のお仕着せの服が厭で、ブランド名を口にしたのはいつのことだろう。
 アディタスが先か、リーバイスだったのか。
 この国では、自分で服を選ぶ能力はもはや、小学生低学年にも要求されるスキルである。なかなか、「五郎」みたいに力ずくで「北の国・富良野」にでも、連れ去らねば、そんな論理に抗するのは難しい。おそらく、『北の国から』をCM入りで、観ている時点で、そこから逃れる術は、ない。

 でも、そんなこといっていたら、サンタはお年玉前に煙突から逃げ出さねばならなくなる。大概の家にはサンタが入る煙突はあるが、出て行く煙突は装備されていないようである。

 困った。そんな時。
 この絵本を押しつけよう。どんなブランド品よりも安いこの一冊。

 ブランドはかっこいい。ブランドが人をつくる。うん。そうだよ。
 でも、ブランドを作った人もいるんだよ。
 ブランドは買うより、作る方がずっと面白いし、お金だって入ってくる。
 勧めないけど、歯にダイヤモンドを入れて。きれいでかっこいい人と恋もできるんだ。
 この本に主人公、ココ。ココ・シャネルは、あのシャネルのブランドをつくったん人。 貧乏で、へんてこで。ブランドものなんて買ってもらえなかった。
 じゃあ、どうして、シャネルはそこから「シャネル」を作ったんだろう。
 この本を読めば、ほんの少し、分かるよ。

 じゃあ、明日のお買い物は。いつものじゃすこにしようね。
 
 え、HあんどM?

 おまえ、どこでそんなことばを…。

 困惑し、立ちすくむ、とある父親の苦悩は深まるばかりであった。
 画面の中では今年も北島三郎の歌声、じゃないのか。今年は。

 ズンと、深くため息をつく父であった。
  
 一方、夜のネオン街。そこで、同じく彼なりの「俺節」を歌い上げたある父親が、とある物故した「もの書き」の遺した、崩れそうな本の山の中に眠っていた。
 
  当方は。その山を遠くに眺めて、珈琲を飲んでいるところだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/05 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/03 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/06 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/26 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示