サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

hontoレビュー

生きてるだけで、愛。(新潮文庫)

生きてるだけで、愛。 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー160件

みんなの評価4.1

評価内訳

160 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

人間誰しも自分のことをわかってもらいたいと思いますよね。その孤独感を上手く描いた恋愛小説という範疇を超えたニート小説。

2011/09/05 20:47

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

劇作家、演出家、女優、声優としても活躍されている本谷有希子さん、初読みです。

中年読者の感想として多少の斟酌をお願いしたい。
とにかく最初はこのメンヘルの主人公である25歳の寧子にはイライラさせられます。
そこから作者の本谷有希子さんの術中にハマっているのでしょうが(笑)、なかなか一筋縄では収まりません。
最初は説教をしたくなるようなキャラの主人公が、知らぬうちに必死に生きている様に応援したくなる気分にさせられるのですね。

同じぐらい強烈な個性の持ち主である、津奈木の元恋人の登場で話の展開は面白くなります。
元恋人がきっかけでイタリアン・レストランでバイトするようになる主人公。
このイタリアン・レストランで働く人々が本当に普通の人々で(笑)、否応なしにホッとさせられるのですが、そのあとの展開が強烈です。

結局、男性読者としては恋人であり同棲相手の津奈木の魅力が浮き彫りにされた形で終わるこの作品に対して、ホッとしたような気持ちにさせられます。
彼がすごく寛大な人のように描かれてるのですね。
本来はあんまり魅力ある人物ではないように感じられるのですがやはり“等身大”と感じるのでしょうか。
少し胸をなで下ろしたのも事実です。
あと、恋愛小説というカテゴリー分類されるであろう本作ですが、通常の恋愛小説のように魅力溢れるキャラクターでもないはずです。
タイトルが表すように“恋愛するよりも、切羽つまって生きていくのに必死なのですね”。
たとえばこの作品を読んで、今恋人がいる女性読者が自分の彼氏と津奈木を比べたりしないと思うのですね。
どちらかと言えば、自分の中にある寧子的な要素について考えさせられるのだと思います。

そして若者にとっては熱い恋を描くよりも、リアルにというか生々しいと感じられる部分が多く、そこを簡単にかつ衒いもなく描写出来る作者の才能は深く讃えたいなと思います。
若い女性が読めば“共感小説”であり、私的には共感はできないんだけど、最後のちょっとした希望がすごく大きく心に残りました。

私的には『生きてるだけで、愛』というタイトルの意味合いを最後に性別・年齢を問わずに考えることが最も肝要だと思います。
たとえば作中のブレーカー、印象的ですよね。
私たち読者も心のブレーカー、きっちり管理したいです。
ちっぽけなことの積み重ねが人生に味わいをもたせる・・・作者のメッセージだと捉えています。

最後に本作は芥川賞・三島賞の候補にも上がったことを付け加えておきます。
他の作品も読んでみたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きっと救われたのは、私だけじゃない。

2017/02/25 17:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あんたが別れたかったら別れてもいいけど、あたしはさ、あたしとは別れられないんだよね一生。」
「いいなあ津奈木。あたしと別れられて、いいなあ」
このセリフを読めただけで、この本と出会えてよかった。
しんどかったのってこういうことだったのか、って言葉にしてもらった感じ。一番苦しかった頃の自分が救われていくのを感じた。
今荒波の中にいる人にも、嵐を抜けた人にも、読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/10 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/28 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/11 04:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/24 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/29 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/24 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/25 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/08 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/14 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/06 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/12 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/14 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/02 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

160 件中 1 件~ 15 件を表示