サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

hontoレビュー

カンピオーネ! 4 英雄と王(集英社スーパーダッシュ文庫)

カンピオーネ! 4 英雄と王 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

あなたもですか、リリアナさん

2009/08/05 00:54

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻で終わりかと思っていた『イタリア・バカンス編』には続きがあった、という第4巻である。エリカの盟友が「護堂ハーレム」に仲間入りする驚きの展開でもある。あの真面目で堅物な大騎士リリアナ・クラニチャールの陥落である。訳あってエリカや祐理と別行動となった護堂がリリアナと遭遇、お互いの心の距離を縮めながら『まつろわぬ神』と大バトル、という流れは前々巻あたりと同じながらやはり面白い。特にリリアナ付きメイドのカレンと先輩魔女ディアナがあれやこれやと世話を焼いて奥手な2人をくっつけちゃおうと画策するのが面白い。その結果、意外にも妄想少女だったリリアナの夢見る展開と今の状況が合致して想いが弾け、前々巻の祐理をも凌駕する12頁強(挿絵含む)もの「儀式」が相当に艶めかしく描かれることになる。もとより乙女なリリアナだけに「儀式」で交わすセリフの何とも一途なこと!この娘、こんなに可愛かったのネ、という圧巻のシーンである。ただ、今回はアテネやサルバトーレ・ドニが「護堂を強くするため」という理由から試練を与えるべく振る舞うところがあるため、「あてがわれたバトルをこなす少しヘタレな護堂」に見えてしまう部分がある。そろそろ護堂も次の段階に入らないとイカンのでは……という気もしてくるのだが、それはおそらく次巻で達成される可能性大である。冒頭の【魔女ルクレチアの覚え書き】、夢(生死の堺)に出てきたパンドラの【ゴドーの住んでる島に眠る最強の≪鋼≫】、あとがきの【そろそろ日本に戻るつもり】。これらから類推すると、次の神は日本の神話からで、しかも、その神に縁の深い得物、つまり神器が護堂の苗字と同じ名を持つ「剣」だったりするからである。これが絡んでくると、『身辺整理して極力おそばに控える』らしいリリアナの動向とともに、とてつもなく壮大で面白いことになりそうな気がして仕方がない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/02 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/26 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/23 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/07 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/08 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/04 07:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/17 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示