サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

軽くて深い 新感覚の物語

2010/03/13 16:45

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のはら そらこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とにかく面白い! 内容はかなり深刻だけれど、語り口は、めちゃくちゃ軽い。大笑いしちゃうけれど、じーんと涙がにじむ。特殊なことだけれど普遍的。今までに知らない、新しい読感触だ。

 こんな本に出合ったのははじめてで、読み始めは、予想を覆されつづけた。
 表紙には『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(「ホントにホントの」は、吹き出しでつけたしている)といった楽しそうなタイトルがあり、黒ぶち眼鏡でボサボサ髪の男の子がびっくりした顔をしている。パラパラとめくると、漫画っぽい挿絵や文字の書きこみ、吹き出しも見える。これは、中高生が喜びそう、さて、どんなおふざけ話だろうと、本文を読みはじめれば、いきなり、

   生まれたとき、オレの脳には水がたまっていた。

 深刻だ。主人公が水頭症で生まれ、手術をし、その後遺症があり、そのためにいじめられたこと、そのうえ、家がその日の食べ物も欠くぐらい貧しく、貧しさ故に悲しい経験をしなければならなかったこと、インディアンだから貧乏からぬけだせないことが書かれていく。語り口はものすごく軽い。でも、読んでいて辛くなる。ナニ、ナニ、この本は、人種差別がテーマの、インディアンが虐げられるおも~い話だったの?と、タイトルと表紙絵と漫画風挿し絵に裏切られた気がした。
 ところがさらに読み進めば、またもや予想は覆されて、境遇は厳しいのに妙に明るい。白人は、差別主義者の悪役としては登場してこない。その一方で、インディアンの情けない姿がかなりシビアに書かれる。保留地にはびこるアルコール依存症、暴力、DV、無気力。しかし、主人公はその不甲斐なさを嫌いながら、そうした保留地の人々をとても愛している。とても切ない。それなのに語り口はあくまでも軽い。喜劇的に語って、読むものを笑わせるくせに、切なくさせる。
 このあたりから、わたしは主人公のペースに巻きこまれ、彼と喜怒哀楽をともにし、笑いながら泣き、泣きながら笑い、最後に大きな満足感を得て読み終えた。


 主人公のオレは14歳になり、スポケーン族保留地内のハイスクールに入ったが、すぐに問題を起こす。それをきっかけに、保留地のすぐ隣の、白人が通うハイスクール、家から35キロメートル離れたリアダン校に転校する。
 保留地から出たことで、スポケーン族の仲間からは裏切り者として疎まれる。だが、白人の通う学校へいっても、白人になったわけではない。はみだしインディアン(原文ではパートタイム・インディアン)だ。

 しかし、はみだしインディアンだからこそ、見えること、わかることがある。彼は、インディアンとまったく違う白人の常識や考え方に、異を唱えず、ただ素直に驚き、たじろぐ。そしてインディアンも白人も公正に見て、その見たままを、愛すべき人間の姿としてとらえる。保留地では、幼馴染で乱暴者のラウディー、酔っ払いの父さんや、父さんの友だちでバイクにのるユージーン、引きこもりの姉さん、偉大なばあちゃん……。リアダン校では、過食症のペネロピー、ばりばりスポーツマンのロジャー、熱血のバスケットコーチ、天才ゴーディ……。どの人物も強烈な個性があり、妙なところや弱みがあるけれど、その人ならではのよさがある。
 主人公は、こうした人々に囲まれ、インディアンと白人にはさまれた立場で悪戦苦闘し、ついにインディアン、白人といった人種のわくにとらわれない真理を発見する。

 作者がホーンブック賞受賞のスピーチで語ったことには、この作品は、北米先住民、スポケーン族の保留地で生まれ育った作者の自伝的物語で、78パーセントが事実、ということだ。(あとがきによる)

 たったひとりで白人のハイスクールに入るには、どんなに勇気と根性がいり、どんなに孤独で辛かったことか。作者は、波乱に満ちた日々を喜劇的に書きながら、希望とやる気、勇気をもつことの大切さ、人間のすばらしさをしっかり伝える。そして、決してあきらめてはいけないと、わたしたちを励ます。自分の未来の扉は、自分自身がその気になれば、きっと開く。

 さて、たくさんの登場人物の中でわたしがとくに好きなのは、小さなころからずっと主人公をかばってくれた乱暴者ラウディだ。ラウディと主人公の友情のなりゆきには熱い涙が流れる。もし、ラウディにモデルになる人物がいるのなら、どうぞ、幸せに元気で暮らしていますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の居場所

2016/06/24 08:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の居場所を探すインディアンの少年の物語。
生まれ育った保留地を出て、白人の集まる場所へ行くのはなかなかできないことだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/30 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/15 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/24 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/27 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/30 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/07 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/19 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/09 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/19 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

13 件中 1 件~ 13 件を表示